0円で起業して夢を実現させるための5つの戦略とは?

「起業したい」と考えた人が本屋さんに行くと、そこには「起業するには最低500万円用意しよう」「店舗経営なら2000万円必要」などと書いてあります。

これを見て大抵の人は「そんなに資金を用意できない」「自分には起業なんてムリだな」と思うことでしょう。

また、現在手元500万円や2000万円ある人は、その通りに起業してしまうかもしれません。

しかし、資金を準備できないという理由で起業を諦めることも、資金があるからと言って本に書いてある通りに起業してしまうことも、どちらも正しいとは言えません。

今の時代の起業は資金が0円でもできますし、資金が手元にあるからと言って、本に書いてあることをよく吟味せずに行動してしまうと失敗してしまうことも考えられます。

この記事では「今すぐ起業したいんだけど資金はいくら必要なの?」「たくさんの資金を使って起業したとして、失敗した時のリスクが怖い」そういった不安をなくし、資金0円でも今すぐ起業して夢を実現させるための考え方と方法について解説していきます。

1. 0円起業が最強の起業方法である4つの理由

1-1. 資金ゼロから自分ブランドで起業する時代

世の中の変化のスピードが速いこの時代、現在売れている商品やサービスがいつまで続くかは誰にも分かりません。

昨日まで売れていたモノが今日売れなくなったなどということは当たり前です。

何が正解かわからないこの時代に、莫大な資金を投資して起業するにはあまりにリスクが高すぎると言えます。

しかし、あなたがあなた自身の自分ブランドを築き上げ、多くの人に感動と勇気を与えるリーダーになることができれば、設備や店舗などにたくさんのお金をかけずとも、資金ゼロからでも起業することはできるのです。

1-2. 資金と成功率は比例しない

お金をかければモノが売れ起業が成功するるというのは素人の考えです。

例え、一等地に立派な店舗を構えたくさんの従業員を抱えていたとしても、お客さんが全く入らずに頭を抱えている経営者はたくさんいます。

資金があればスケールは大きくなりますが、だからと言って成功率が上がるというわけではないのです。

お金がない状態だと頭を使って「考える」ようになります。業者に頼まずに自分でできる方法はないか、もっと低予算で済む方法はないか、など「どうやったらお金をかけずにできるのか」と工夫するようになります。

また、赤字にも敏感になり対策をすぐにうつようになります。

実際は、お金をかけるということはリスクを増やすということ。

逆に、お金をかけないということは頭を使えるということ。そして、リスクを回避してその分試行錯誤する環境に置かれるということなのです。

1-3. 個人事業主は維持費0円で起業できる

個人事業主として起業すれば、必要な維持費は0円です。

起業を考えているのであれば、まず最初に個人事業主の登録をして起業の一歩目を踏み出してみるというのも大切です。

とても簡単であるにもかかわらず、自分の中のモチベーションが飛躍的にアップするはずです。

1-4. インターネットを使えば資金0円でも起業できる

多くの人が想像する起業には、多額の資金が必要となる場合があります。

例えば、飲食店を開業しようとするときに必要となるのが、ざっくり考えても「お店」「土地」「従業員」「材料」などです。

これらを準備するとなるといったいいくらかかるでしょうか。

小さなカフェを開業するとなると数百万円から数千万円は必要になるのではないでしょうか。

その一方で、インターネットを基盤とした起業を行えば、上記のほとんどのものが必要ありません。

資金や資材を準備する手間も時間も省略して、今すぐ起業することが可能になります。

2. インターネットで0円起業する4つのメリット

インターネットによる起業は、多くのコストとリスクを減らす一方で、成功の確率を大幅にあげてくれるなど、メリットがたくさんあります。

0円で起業できる今の時代に適していると言えます。

では、インターネット起業にはどんなメリットがあるのでしょうか。

2-1. 店舗が必要ない

現在はネットショップやオークション、クレジット決済など、実際の店舗を持たずともWeb上で商品を売買できるサーピスを無料で使うことができます。

これまでは実店舗を構えて商品を並べ、お客様が来店するのを待っていたビジネス形態も、インターネット上に商品を掲載しておけば24時間体制で営業できるようになったのです。

また、店舗がなければ土地代や建物、光熱費などの莫大な維持費を削減できるようになります。

開業に伴う初期投資も限りなく0円で始めることが可能なのです。

2-2. 集客媒体を無料で使うことができる

事業を回していくために必須となるのが集客です。要は、お客さんを集めるための費用です。一

般的に知られているような大企業の場合、テレビCMやチラシや新聞などの広告に莫大な費用を使うことができます。

しかし、現代はソーシャルメディアやWebサイトなどインターネット上のメディアを使うことで広告費を限りなくゼロに抑えられるようになっています。

しかも、その効果はテレビなをど使うよりも効果が高いとまで言われています。

このように、低予算でしかも費用対効果が高い集客方法を採用することができるのが、インターネット起業のメリットです。

2-3. 従業員を雇う必要がない

インターネットで起業する場合、店舗がなく商品の管理も必要ないので、基本自分一人だけで運営することが可能です。

従業員を雇う必要がないので、事業経営の大きな割合を占める人件費がかからず早期に利益を出すことができるようになります。

2-4. 商品開発のたの資金が必要ない

通常の起業であれば、自社で販売する商品は自社で開発するので、商品開発に莫大なコストがかかります。

ところが、インターネット起業の場合、商品を開発にコストをかける必要はありません。

ここで、インターネット上の「商品」には2つのパターンがあります。

それは「目に見えるモノ」と「目に見えないモノ」です。

2-4-1. 「目に見えるモノ」を販売する

「目に見えるモノ」とは、本や食品や家電などいわゆる物理的に触れることのできる「物」のことです。

インターネット起業の場合、「他人の商品を売る」という方法があります。他の誰かが開発した商品を紹介して販売し、その紹介料を収益とするのです。

こうすることで、自社で商品を開発し多額の資金を投入せずともビジネスを行うことができるのです。

2-4-2. 「目に見えないモノ」を販売する

「目に見えないモノ」とは、「情報」や「知識」「サービス」など物理的に触れることのできないもののことです。

あなたの頭の中にある情報ををPDFや音声や動画にまとめてパッケージ化したりサービス化することで商品を作るのです。

全てはあなたの頭の中から生み出されることなので、そこに開発費用は必要ないのです。

3. ホリエモンから学ぶスモールビジネスが成功する4つの原則とは?

0円で起業しなるべくリスクを回避したいと考えたときに参考にしていただきたいのが、この4つの原則です。

元ライブドア社長のホリエモンが「起業してほぼ確実に成功する方法」と題し、あるブログを書いていました。

その中でホリエモンは、起業してほぼ確実に成功するためには4つの条件が必要だと言っています。

起業初期段階においては、以下の条件を満たすようなビジネスモデルを意識するとよいでしょう。

「小さく初めて、大きく育てる」のが、スモールビジネスの必勝パターンです。

3-1. 利益率の高いビジネスであること

1つめは、利益率の高い商品を売ることです。

リソースの少ない起業初期においては、低い利益率のモノをたくさん売るよりも、高い利益率のモノをたくさん売る方が成功しやすいと言えます。

3-2. 在庫を抱えないビジネスであること

在庫をたくさん抱えるというのは、ビジネスにおいて大きなリスクになります。

なぜなら、例え商品を仕入れたとしても、その商品が売れるという保証はないからです。

ですので、できることなら起業初期においては在庫を持たないビジネスモデルにするべきです。

そうすることで、起業の失敗確立を大幅に下げることができます。

3-3. 定期的に一定の収入が入ってくるビジネスであること

ビジネスにおいては、毎日毎日、毎月毎月商品が安定的に売れる保証はどこにもありません。

たくさん売れるときもあれば、全く売れないときもある。

これでは収入が不安定になります。

こういった状況を避けるために、定期的に収入が入ってくるビジネスモデルを作ることが重要です。

3-4. 資本ゼロまたは小資本で始められるビジネスであること

上記3つの条件を満たしていても、そのビジネスを始めるのに多大な資本が必要では、実際に始めることができません。

多額の資本金を集めたり資金調達をしなければならないのは、現実的にはかなりハードルが高くなります。

そこで、資本ゼロもしくは小資本で始められることが求められます。

「少ない資金でも始められ、お金を投資できるようになれば、更に大きくできること」これが、良いビジネスモデルの条件です。

4. 資本金0円で今すぐ起業したい人に捧ぐ!成功確率が100%になる8つの戦略

ここまで見てきたように、リスクを回避し小資本でスタートする方法を採用すれば「起業リスク」というものはほとんどないことがわかります。

「起業=リスク」と先入観で考えるのは正しいことではなく、実際にはむしろどんどん挑戦すべきことなのです。

そこで、誰でもリスクなく挑戦でき、初めての挑戦でも起業の成功確率を限りなく100%に近づける8つの戦略を紹介します。

4-1. リスクフリーの最強のビジネスモデル、「インターネット起業」を選択する

まずはリスクを最小限に抑えるためのビジネスモデルを選択します。

具体的には上記で挙げた

1、利益率の高いビジネスであること

2、在庫を抱えないビジネスであること

3、定期的に一定の収入が入ってくるビジネスであること

4、資本ゼロまたは小資本で始められるビジネスであること

これら「スモールビジネスが成功する4つの原則」を満たすようにビジネスモデルを設計します。

そして、インターネットが発達、普及した現在は資金0円で起業することは当たり前です。

少し前までは、オフィスや店舗を構え、人を雇わないと事業は成立しませんでした。

しかし、現在は自宅にパソコン1台あれば、誰でも独立できる時代です。

立派なお店舗やオフィス、たくさんの従業員を抱えることは、起業家の憧れであるかもしれません。

しかし、それは利益が出てからでも遅くはありません。

まずは、小資本または資本金0円で始められるビジネスモデルを選択することが大切です。

そのためにも、インターネットの活用は必須です。

そして、在庫を抱えないビジネスモデルであることも重要です。

会社の倒産原因の多くは「資金ショート」。

逆に言えば、資金ショートさえしなければ、事業は存続可能になります。

在庫を抱えないビジネスモデルを選択することで、例え利益がなくても資金ショートはなく、金銭的リスクはなくなります。

失うものは「あなたの時間と労力」だけ。

つまり、あなたが諦めない限り、成功するのは時間の問題となります。

在庫を抱えないビジネスモデルを作るためには、モノではなく、「情報」や「サービス」を商品にすることです。

情報やサービスを売るビジネスモデルとは、教育業、士業やコンサルタント、セラビストやカウンセラー、音楽家や作家などのことです。

要は、あなたがこれまでの人生で培った経験や知識や情報を商品にするのです。

4-2. 「好きなこと」と「世の中のニーズ」が重なる市場を選ぶ

資金ゼロ、在庫リスクを抱えないことで倒産リスクはなくなりました。

あとは、自分がビジネスを継続できるかどうかだけです。

ビジネスだけでなく、成功者と失敗者の違いは「やり続けたかどうか」の違いだけです。

継続するためにも、あなたの情熱の対象となる好きなことや得意な分野を書き出します。

好きなことや得意な分野を書き出したら、それが世の中のニーズと重なる市場を探します。

起業するには好きなことや得意なことが前提ですが、「情熱だけ」では成功できません。

あなたのしたいことが他人が欲しがるものにリンクしていることが重要です。

具体的には、

1、お金

2、健康

3、教育

4、趣味

5、人間関係

あなたの好きなことが、これら5つの悩みに関係するテーマを市場とします。

4-3. 見込み客の悩みをリサーチする

自分が参入する市場を決めたら、その市場の顧客になるであろう人々が抱えている悩みや問題点をリサーチします。

リサーチの方法としては、たくさんの人と会話して聞き出すことが理想的ですが、雑誌や本、インターネットのQ&Aサイトなどからヒントを得ることができます。

4-4. 強豪がいなくなるまで市場を「ニッチ化」する

ニッチとは「求められているのに、まだ満たされていない市場」のことです。

一つの市場の中でも、たくさんの悩みがあり、それらについて様々な解決方法が求められています。

このそれぞれの悩みでる「ニッチ候補」について、競合調査を行います。

これらの悩みについてgoogleなどの検索エンジンを使い、その悩みを特化的に解決するサービスがあるかどうか調べ、サービス競合のいないニッチ市場を探します。

ここで大事なのは、自分の好きなことや得意なことに重なるニッチ市場を選ぶことです。

いくら成功が見込める市場だとしても、情熱を傾けることができない市場に参入すれば継続できず、成功もできないからです。

4-5. 自分が提供するサービスを「ブランド化」して発信する

あなたが提供するサービスの市場が決まったらあなたの肩書きを明確化する必要があります。

いくらあなたが素晴らしいサービスを提供していたとしても、相手にその価値が正確に伝わらなければ意味がありません。

あなたの提供するものが「何のため」「誰のため」のものであり、また「それを選ぶべき理由」を明確で具体的なものにするのです。

そして、それをメッセージとして自社サイトやSNSなどのインターメットメディアを使って発信し露出します。

こうしたインターネットメディアによる集客は、膨大なアクセスが必要とされるかに思われがちですが、こうした「量」の部分よりも、「何のため」「誰のため」「それを選ぶべき理由」を明確にして見込み客に突き刺さるメッセージに洗練すること、つまり「質」の方が重要です。

インターネットを使ったビジネスにおいては、他との差別化のために「ブランド化」して発信する必要があるのです。

4-6. 「無料プレゼント」を提供し見込み客リストを集める

あなたのサービスに興味を持ってくれる見込み客が集まったら、無料のプレゼントを提供します。

なぜなら、まだ信頼を得られていない段階でセールスをしても良い結果が得られないからです。

そこで、「無料プレゼント」の提供と交換条件で、見込み客のリスト(メールアドレス)を集めます。

提供した無料プレゼントの質がよければ、見込み客はあなたのことを信頼してくれます。

また、見込み客リストを取得することで定期的なアプローチが可能になり、信頼関係を積み上げていくことができます。

こうして見込み客とコミュニケーションをとることで、相手の悩みを聞き出すことができ、あなたのサービスの質の向上を行うことができます。

4-7. フロントエンドを販売する

この段階で商品を販売します。

しかし、ここで販売する商品では利益を狙わず、良いサービスをできるだけ安く提供します。

顧客満足度を高めることで、成約率を高め信頼関係を深めていきます。

これをフロントエンドと言います。

フロントエンドを購入してもらうことで、見込み客は「顧客」にフェーズが上がります。

これは、あなたへのコミットメント(忠誠心)が高まることを意味します。

さらに、一度購入した顧客は、購入前よりもお金を払うことに抵抗がなくなり、リピート購入につながりやすくなります。

こうして、リピーターになり得る大切なファンを育てていくのです。

4-8. バックエンドを販売する

この段階で初めて、利益獲得を目指します。

フロントエンドを購入してくださったお客様に対して、より高額で質の高いサービスや商品を販売し満足度をさらに高めてもらうのです。

この段階で顧客満足度を高めることができれば、お客様はあなたの「信者」になってくれます。

この時点であなたのブランドが確立します。

5. まとめ

以上の戦略が、資金0円でも今すぐ起業して実践できる方法です。

「資金がないからできない」「お金さえかければ起業は成功する」という偏った考えに固執することなく、少ない資金でもリスクなく起業できる道を探り、それについて情熱を持って取り組むことで成功の確立は限りなく引き上げることができるのです。

独立や起業をしたいけれど躊躇してしまっている人は、上記の戦略を基にして、ぜひ夢を実現させてください。

スペーサー
(必須)
(必須)
サブコンテンツ