「職業、旅人です。」そのために選ぶべき3つの収入源

どうもどうも。



アジアの宿無し。こと、
齋藤純司です。




好きなときに、
好きな人と、
好きな場所で。



ぼくが目指しているのは、
そんなライフスタイル。


気ままな旅人生はホントに
気持ちのいいものです。






そのために、


オンラインセミナーや、
コンサルティングのビジネスをしたり、
日用品のインターネット販売店の
オーナーの権利を持っています。







でも、



「職業、旅人です。」
って言うためには

いろんなしがらみから自由に
なっておかなければなりません。





中でも、

以下の4つのものに
しばられないことが重要だと思います。






それは、

・お金
・時間
・場所
・人間関係


です。





そのために選ぶべき
3つのビジネスを紹介します。











■1つ目は、

コンテンツ系ビジネス。




いわゆる、

「情報起業」といわれる分野です。








例えば、

「3ヶ月で100冊本を読む方法」

「5ヶ月であと10歳若返って見える方法」




など、

情報を売ってお金を
いただくビジネスです。





これらの中には、



情報商材として、

pdfファイルや音声で
情報を提供する方法。




サービス業として、

セミナーやコンサルティングを
提供する方法。




有料メルマガで、

有名人が「濃い情報」を
提供する方法などが挙げられます。









■2つ目は、

クリエイター系のビジネス。





映像や写真など、

世界中を旅しながら作品を
作っていくようなスタイルです。





世界中にクライアントがいて、
呼ばれて仕事をしていたら
勝手に世界規模の行動範囲になっていた、

なんてこともありますよね。









■3つ目は、

ビジネスオーナー系です。





これは、

労働力を売るのではなく、

資産を持つことで収入を得ていく
ようなタイプのビジネスです。



資産は、それを所有することで
権利で収入が入ってくるような
タイプのものです。





歌や本の著作権や、不動産、
飲食店のオーナー、
ネットーワークビジネスのオーナーの権利などです。






重要なのは、

「こんなライフスタイルがいい」
と決めたら、

それに必要な職業や
ビジネススタイルを選ぶべきです。






つまり、

ビジネスを選ぶ前に、
「生き方を選ぶ」ということ。





ビジネスは単に、
あなたの生き方を実現する
一つの手段に過ぎないのです。

 

 

では、

「旅人」という生き方をするために
その手段として
最初に選ぶべきビジネスは

____________

具体的にどれ

から始めればいいの?

____________

 

という事例の紹介は

コチラをクリック!

 

 

※実践資料付きで解説しています。

 

 

 

スペーサー
(必須)
(必須)
サブコンテンツ