成功するビジネスマンが共通して持つ5つの仕事術まとめ

「毎日会社でバタバタしているのに、
一日を振り返ってみると何も進んでいなかった、、、」

こんなストレスを経験したことのある
ビジネスマンは多いのではないでしょうか。

また、
「仕事のできる人」と「仕事のできない人」との間には
どんな差があるのでしょうか。

この記事では仕事ができる人から学ぶべき
5つの分野に関する仕事術をまとめました。

1. 失敗を回避し、成功確率を上げるための仕事術

1-1. 期間を区切って具体的で実現可能な「ゴール」を決める

成功する人々は、効果的な行動こそが
人生を変えてくれると知っています。

それには、具体的な「ゴール設定」が必要です。

例えば、

10年後のゴール、
1年後のゴール、
1週間の目標、
1日の目標と、

期間ごとのゴール設定を行います。

そして各期間の中での具体的な課題リストをつくり、
それに基づいて行動するのです。

このように、期間を区切り具体的で
実現可能なゴールを決めるからこそ、
行動を起こすことができるのです。

1-2. 他人のミスから学習する

身近な人が失敗したら、
それを他人事として済ませるのではなく
自分ごととして捉えるこということです。

失敗する状況や条件を詳しく知っていれば、
自分が同じミスを犯す確率を減らすことができます。

1-3. 自分でやる仕事と人に任せる仕事を分ける

仕事の上手な人は、
全ての仕事を自分で抱え込んだりしないものです。

人間には必ず得意・不得意があることを知っているので、
その仕事を得意とする人にお願いすることができるのです。

それによって機会損失の最小化ができるからです。

仕事にしろ情報にしろ、
もし自分のところで全てを抱え込んでしまい、
それが原因で「血栓」のように詰まってしまえば、
所属する組織や機能に悪影響を与え迷惑をかけることになるからです。

2. 人間関係を円滑に進めるための仕事術 会話 気配り

2-1. 「結論」から話すと、説明を短くできる

会議や報告などで説明をするときは、
「結論」から話しましょう。

そうすることで、聞き手が理解しやすくなり
説明時間を短縮できるのです。

話を聞いてもらうということは、
聞き手の貴重な時間を頂いているということ。

ダラダラと長い説明は
相手の時間を奪っているという意識を持ちましょう。

2-2. 他人に過度な期待はしない

困難な問題に当たったとき、
誰かの助けを借りるのが必要な場合もあります。

ですが他人に過度の依存をしすぎると、
それが叶わなかったときに「なんで自分ばかりが」
という思い込みになってしまいます。

まずは自分でできる限界まで挑戦してみる。

このような精神的自立が仕事を行う上での前提条件になります。

3. 効率よく時間を使い、スピードアップするための仕事術

3-1. クリエイティブな仕事は、脳のゴールデンタイムに行う

仕事の種類を大まかに分けると、
「思考系」の仕事と「作業系」の仕事に分けられます。

「思考系」の仕事はプランや目標を作成したりして
アイデアや想像力を働かせるクリエイティブな仕事です。

一方、「作業系」の仕事は
パソコンにデータを打ち込んだり
書類整理などの手を動かす文字通りの作業のことです。

そして、
一日のうちで脳が最もパフォーマンスを
発揮する時間帯というのも決まっていて、
それが午前中だと言われています。

その理由から、
クリエイティブで想像力を働かせる必要のある仕事は、
脳のゴールデンタイムに行うのがよいとされています。

3-2. 素早い決断とフォローが成功の鍵

即断しても時間をかけても、
結論は同じだということです。

何かを決断しなければならないとき、
そしてその決断の重要度が高まるほど、
人は時間をかけて決断したがるものです。

しかし実は、
決断を先送りし時間をかけて考えたとしても、
即決したときと同じ決断を下すことが殆どです。

それならば、
決断するまでに時間をかけるよりも、
決断した後の行動に時間をかけた方が建設的です。

もしその決断が間違いだとわかったなら、
素早くフォローに徹すればいいのです。

3-3. 時間がない時ほど「急がば回れ」を意識する

「なるべく効率よく仕事を進めたい」誰もがそう考え、
そして、目標達成までの道のりは、
なるべく最速最短のルートを通ろうとするのが普通です。

でも、そんなときこそ「急がば回れ」を意識してみましょう。

例えば調べ物をするときには、
調べたい事柄だけをピンポイントで調べるのではなく、
その周辺の関連した事柄も調べ
知識として身につけておくようにするのです。

そうすることで、
知識の増加と、検索能力が加速度的に向上し、
1の仕事で100の知識を身につけることができるようになります。

3-4. 目標時間を細かく区切って作業する

何かの作業をするときには、
時間の単位を小さくすればするほど
作業密度は上がります。

「午前の仕事」ではなく
「午前10時から11時までの1時間」
などと設定してみるのです。

極論を言えば、
1分単位にまで作業工程を落とし込めば、
仕事の密度があがりスピード感も
身につけることができます。

3-5. 面倒な仕事から片付ける

実行力に優れた人の心の中には、
二つの締め切りを持っていると言われています。

それは、

1、開始デッドライン(仕事をいつから始めるか)

2、終了デッドライン(仕事をいつ終わらせるか)

面倒な仕事は先送りしていても解決にならないどころか、
心理的にデメリットも生じて
他の仕事にまで影響を及ぼすことが考えられます。

上記の二つの締め切りを意識するとよいでしょう。

3-6. 最初から100%の完成度を求めない

最初から100%の完璧主義を目指すと、
その仕事のリリースが遅れるばかりか、
作業を始めることすらできなくなることがあります。

まずは70%でのリリースを目指し、
走りながら考える。

その後で修正を行う。

仕事のできる人は、
これくらいのスピード感覚で仕事を始めているのです。

4. 身の回りを整理整頓し、円滑な作業進行のための仕事術 

整理すべき「モノ」には、
「目に見えるモノ」と「見えないモノ」があります。

この二つの整理整頓を常に行うことで
余計なことを考えず、
仕事に取り組むことができるようになります。

4-1. 目に見えるモノの整理整頓

机の上や部屋が片付いていないと
雑多な情報が目に入って集中力が低下します。

一方、仕事ができる人の机の上や部屋の中は、
片付けられていてシンプルな傾向があります。

また、その人の頭脳の中の散らかり具合が
反映されるとも言います。

まずは、
身の回りのモノを整理整頓することで
円滑な作業が可能になります。

4-2. 目に見えないモノ

散らかっていても意外と気づかないのが、
「情報」と「思考」に関する整理整頓です。

何もしなくても私たちのところには
メールやSNSやインターネットなどから、
常に情報が入ってきます。

それらに振り回されないためには不必要な方法をカットし、
メディアダイエットと行うことが重要です。

また、
情報中毒になることで思考も乱され、
一日の仕事の重要なポイントを見失ってしまう恐れもあります。

5. 感情と内面をコントロールするための仕事術

5-1. 感情的にならないこと

もし自分の提案が受け入れられなくても、
感情的になってはいけません。

怒るのではなく、
相手の意見を尊重しながら冷静に
その違いを受け止めることができるようになる必要があります。

また、
礼儀を書いた態度でありながら
普段自分で意識できない行為に
「不機嫌」があります。

不機嫌は相手にも不必要な気遣いをさせてしまいます。

相手が本来、他のところに使うべき意識を
奪い取る迷惑行為だということを覚えておきましょう。

5-2. 落ち込むときはとことん落ち込む

仕事をしていれば、
うまくいくときもうまくいかないときもあるものです。

人間なので、落ち込むときもあるでしょう。

そんなときは、とことん落ち込むことです。

我慢するといつまでもズルズルと
その感情を引きずってしまい、
結果的に仕事の進み具合も遅れてしまうことになります。

仕事のできる人は、
オンとオフの切り替えを使うことによって、
上手に感情をコントロールしています。

6. まとめ

これらの仕事術には、
絶対的な正解も不正解もありません。

個人によって当てはまる部分とそうでない部分もあります。

しかし一つだけ言えることは、
仕事が上手な人というのは、
円滑な業務遂行のために
自分自身をコントロールする術を知っているということです。

スペーサー
(必須)
(必須)
サブコンテンツ