働く女性が理想の働き方を実現するのに必要な3つのステップ

ライフスタイルや価値観の多様化により
世の中全体の「働き方」に対する
意識の変化が起こっている中で、

「女性の働き方」に対する意識も
大幅に変化してきています。

そして、その変化に対して会社組織や社会全体の
制度の変化のスピードが追いついてない現状の中で、

消耗し疲れ果て
「いつまで今の働き方を続けられるんだろうか?」
「この先、どう働き続けたらいいんだろうか?」
という不安とジレンマを抱えている女性が多いのが現実ではないでしょうか。

この記事では、女性が「会社」や「組織」の中で、
仕事もプライベートも両立しながら
「自分らしい働き方」を実現するために持っておきたい心構えについて、
3つの視点からお伝えします。

1. 「働き方を自分で選べる」時代へ

現在は働き方の「過渡期」と言えるのではないでしょうか。

「ノマドワーカー」「マイクロ起業」など、
新しいスタイルの働き方の概念がどんどん出てくる一方で、

これまでスタンダードだった「正社員として働く」
という形も依然として存在するのも事実です。

また、新しい働き方と言われても、
誰しもがそう簡単に飛び込めるものではないということもあります。

仕事の定義や働き方のスタイルは
今後10年20年で間違いなく変わっていくと思われますが、
今はまだその形自体が混沌としている過渡期。

そんな中で、社会の変化と自分の中長期的な
キャリアの両方をを見据えて個人が努力しなければならない時代でもあります。

言い換えれば今の時代は、
「働き方を自分で選べる」時代と言うこともできそうです。。

1-1. 今ドキの「働き方」に対する意識の変化って?

非正規で働く人が、
日本で働く人全体の4割と言われるような時代。

これは、雇用する側の都合もありますが、
逆に働く側の意識の変化により
「働き方を選んでいる」と言い換えることもできます。

その一方で、
日本は相変わらず長時間労働が蔓延している状態。

その中で、「理想の働き方・幸せな働き方」と
「現実」とのギャップに、ほとんどの人が
「自分らしい働き方ってなんだろう?」
「いつまで今の働き方を続けるんだろう?」
という不安を抱えている現状があります。

これをどう捉えたらいいいのでしょうか?

「働きづらい社会」と一言で片付けることは簡単です。

ですが、この現状を「ネガティブ」な
状況として捉えるのではなく、
「働き方」の過渡期であり、
新しい時代を切り開く上で必要な状態なのかも、
と考え直すことはできないでしょうか。

時代は、かつての「職業選択の自由」から
「働き方選択の自由」へと変化しているのです。

1-2. 女性の「働き方」に対する意識の変化とは?

「仕事」は、人生設計を考える上で
とても重要な部分です。

特に女性には結婚や出産、
介護などライフステージの変化によって
その働き方を見直さざるを得ない場合が多くあります。

その結果最近では、結婚や出産など
自分を取り巻く環境が変わったら、
働き方を変えたり、その環境に合わせた
働き方を選択できるように望む女性が増えています。

しかし、必ずしも理想の働き方とは言えない状態の中で、
ジレンマにモヤモヤ感や怒りを感じている女性が多いのも事実です。

2. 知らないと損する「正規」と「非正規」の5つの違いとは?

2-1. これは基本!抑えておきたい「正規」と「非正規」の違い

今、日本の非正規雇用者の割合が
4割にまで迫ってきていると言われています。

正規雇用者に対し、非正規雇用者というのは
「アルバイト」「パート」「派遣社員」「契約社員」など、
「正社員」を除く雇用形態で働いている人のことを指します。

2-1-1. 正規雇用とは

正規雇用とは、雇用者と特定の企業や
官公庁(使用者)の間の継続的な雇用関係において、

雇用者が使用者の元でフルタイム(常勤)で従業し、
永久的(定年制なし)または定年まで
雇用期間を定めない雇用形態を指します。

法律上は通常の労働者と呼ばれます。

2-1-1-1. 正社員とは

従業員のうち雇用契約上で特別の取り決めなく
雇用された社員を指します。

ただし、法律上の用語でないため、
特別な定義があるわけでなく、
一般的には雇用期間の定めがないこと、
よって解雇が法律上厳しく制限されていること、

原則としてフルタイムで勤務し三六協定の範囲内で
残業も義務づけられていることが特徴としてあげられます。

近年では短時間正社員という雇用形態もあります。

2-1-2 非正規雇用とは

期間を限定し、比較的短時間での
契約を結ぶ雇用形態を指します。

1日の労働時間や1週間の労働日数は労働者によって異なります。

2–1-2-1. 契約社員とは

期間の定めがある労働契約で働く労働者のこと。

契約更新をする場合もあります。

原則3年ですが例外規定があります。

2-1-2-2. 派遣社員とは

派遣元会社と雇用契約(登録)をして、
別の働き場所(派遣先)で、
派遣先会社の指揮命令を受けて働く雇用形態のこと。

2-1-2-3. パートとは

通常の正社員より短い労働時間で
働くパートタイムの雇用形態のこと。

2-1-2-4. アルバイトとは

学生などで一時的に、臨時的雇用者。

2-1-2-5. 嘱託社員とは

長期間勤務した者が、
定年などを理由にいったん退職したものの、
その後新たに雇用される社員。

2-2. 知らないと損する「正規」と「非正規」の4つのメリット・デメリット

これだけ非正規雇用者が増えている背景には、
「自分らしい働き方をしたい」と
考えている人が増えている一方で、

「ずっと非正規で働き続けることは、
はたして現実的なのか?」という
リアルな現実問題があります。

今の自分の働き方を、今後も継続できるのか
どうかということも改めて考える必要があります。

2-2-1. 給料の差

非正規という働き方は「自分の能力を伸ばし、
結果を出していけば賃金が上がる働き方」ではなく、

「年齢に関係なく、同じような仕事を同じような
賃金で一定期間やり続ける働き方」と言うことができます。

厚生労働省などの調査結果を見ても、
正規と非正規の給料には歴然とした差があることがわかります。

非正規の場合は、会社側から正規雇用に
引き上げてもらわない限り、
いくら一生懸命働いたからといっても、
賃金は上がっていかないのです。

2-2-2. 保険料の差

老後の生活の杖とも言える「年金」、
万が一の病気のときに支えとなる「健康保険」。

これらの保険料においても、
正規と非正規の違いがあります。

例えば派遣社員の社会保険は、
派遣会社で加入することになります。

しかし、働く期間によって
社会保険適用の有無が規定されていて、
働く期間や勤務時間によって適用されない場合があります。

「自分らしい働き方」を求めて
正社員を辞めて派遣社員になったとたん、
「給料は減ったのに保険料が上がった」
なんてことも起こり得ます。

2-2-3. 将来の年金受給額の差

厚生年金と国民年金では、
将来受け取ることのできる額に大きな差が出てきます。

一般的には厚生年金の方が有利と考えられているようです。

厚生年金は、「全ての国民が加入する
国民年金に上乗せする形の年金」であるため、
受け取ることのできる額が国民年金よりも多いのです。

正規雇用と非正規雇用の違いは、
「老後の暮らし方」の違いにも影響があると言えます。

2-2-4. 評価の差

今の日本では「一度でも非正規で働くと、
その後は正規で働くことが難しくなる」
ということも注意しておくべき重要な点です。

その背景には、
「非正規としての働き方はキャリアとして評価されにくい」
という面があることも事実です。

3. 現代の働く女性の理想と現実とは?

働く女性には悩みのタネが尽きないもの。

それは正規・非正規に関わらずそれぞれにあるようです。

また、現代の働く女性が理想の働き方を実現したいと考えたときに、
「結婚後にどのように働くか」というのは
誰しも共通して持っている悩みと言えます。

自分のペースで無理なく働き続けたいという本音とは裏腹に、
「収入を途絶えさせてはならない」
という経済的なプレッシャーと、
「育児・家事・親の介護」など、
母親や妻としてのプレッシャーに
応えていかなければならないジレンマです。

3-1. 正規雇用で働く女性の本音とは?

女性にとっては結婚や出産の後でも
働き続けられる職場かどうかというのは大きな問題です。

産休・育休を取得したためにキャリアアップの
妨げになるようなことがあっては、
安心して仕事と育児を両立できるとは言えません。

そのため、いざというときにきちんとしたサポートを
会社から受けられる環境にあるのかということは重要なポイントです。

また、正規雇用で働く女性が働き方で不安を抱く理由には、
男女差別が根強い職場風土の問題も一因となっているようです。

例えば、男性と女性との間の賃金格差の問題もあります。

自分らしい働き方を実現するのなら、
同じように働いたら同じように賃金がもらえることは、
女性が安心して働き続けられるための環境の基本と言えるでしょう。

3-2. 非正規雇用で働く女性の本音とは?

非正規雇用はパートやアルバイトなど様々な形態があり、
正規雇用に比べて働く時間に融通がきく場合が多い傾向にあります。

そのためプライベートや家庭との両立をしやすい働き方と言えそうです。

反対に、正規雇用で働く人に比べて雇用形態が安定しないので
「継続的に働き続けたい」と考えていたとしても、
将来に対して不安を抱く女性が多いようです。

また、親の介護が必要になったとき、
施設を利用するお金が用意できるのかということや、
もうすぐ小学生になる子供がいる場合、
今後の養育費に不安はないかなどといったことを考えると、
ずっと「非正規」で働き続けることは、
はたして現実的と言えるのでしょうか?

3-3. 結婚・出産後の理想の働き方は?

自分らしい働き方を実現したい女性にとって、
「結婚後、どのように働くか」というのは
誰しも共通する最大の悩みなのではないでしょうか。

最近の20代女性の間では、
「ゆるく働く」(そこそこの仕事、責任で仕事や家庭、
趣味、交友のバランスを取る)という意見がが最も多く、

ついで、「好きなことを仕事にする」
という考え方が多いようです。

その一方で、「バリバリ働く」もしくは
「仕事は辞め、家庭のことに注力する」
と考えている女性はわずかのようで、

ここからわかる傾向としては、
仕事はほどほどにプライベートとのバランスをとった働き方や、
趣味の延長線上で収入を得るような働き方を理想とする
女性が多いのが現実です。

さらに、結婚後も働き続けるつもりはあるけれど、
旦那に代わって一家の大黒柱になるつもりはない、、、
というのがほとんどの女性の本音のようです。

3-4. 結婚後も自分らしい働き方を続けたい女性が、超えなければならないハードルとは?

共働きが当たり前の時代とはいえ、
家事や育児の負担は主に女性側に寄せられることが
多いのがまだまだ現実です。

そのため、育児・子育ては働き続ける
障害になると考えている女性もいます。

「子どもとの時間を犠牲にして、働き続けるのは嫌」
「仕事と子育ての両立が難しい」という心理的なハードルも、
幸せな働き方の障害となっている場合もあります。

働くママが幸せに働き続けられる
社会や会社が求められていると言えるでしょう。

3-5. 「働きにくさ」を生み出している、女性たちの「思い込み」とは?

雇用する側の原因だけでなく、
非正規で働く女性たちの持つ「思い込み」が、
職場での「すれ違い」や「働きにくさ」を生む
一因になったりすることもあるようです。

非正規で働く女性たちの多くには、
「正社員よりも期待されない存在」
「正社員よりも頼りにされない存在」
「正社員よりも評価されない存在」
という悩みを持っています。

正社員と同じ職場・環境・仕事内容で
頑張っているにも関わらず、
低い扱いを受けているという不満です。

これには、雇用する側の意識に原因がある場合もありますが、
働く女性自身が持っている「思い込み」が
原因である場合もあります。

非正規雇用であるからといって
「私は、この部分の仕事しかできません!」
「私は、この部分の仕事をするということで採用されていますので、、」と、
自分の仕事の範囲をハナっから限定してしまっていては、
「扱いづらい人」「仕事を任せづらい人」
「コミュニケーションをとりづらい人」という
レッテルを貼られてしまう可能性があります。

その一方で、たとえ派遣社員でも、
見返りを求めず献身的に頑張っている人は、
会社から「正社員になって欲しい」と
お願いされることもあります。

たとえ「非正規」でも、働く姿勢によって
未来はガラリと好転することもあるのです。

「正社員よりも、結果や頑張りを褒められる機会が少ない」と
不満をもらす前に、
今一度自分の中に偏った思い込みを持っていないか見直したいものです。

4. 働き続ける女性が、「自分らしい」働き方をするための3つのステップ

今の時代、働く女性の環境が変化し、
「ずっとこれからも働きたい」と思う女性が増えている一方で
この先、仕事とプライベート、
家庭との両立は本当にできるのかな、、、と、
ほとんどの女性が先の見えない将来が心配でならないと考えているようです。

なぜ女性はそこまで未来に不安を覚えるのか?

それは、女性は男性と違い「就職」「結婚」「出産」など、
「ライフイベント」によって働き方が大きく変わるから
というのが、原因の一つです。

つまり、「これからも働く女性」にとって、
ずっと「今のままの働き方」を継続するいうのは、
実際問題厳しいからなのです。

4-1. 【ステップ1】女性が「自分らしく働く」ために考えるべき3つのポイント

ほんの少し前までは、女性にとっての理想の
「幸せのかたち」というのはは均一的でした。

昔は、「いい女子大を出て、いい会社に入って、
背が高くてたくさん稼ぐ彼と付き合い、
結婚を機に会社を辞めて、30歳前には子供を作る」
というのが典型的でした。

しかし、今はこの概念が完全に崩れ去っていると言えます。

社会が変化し、これからも働き続けたいと思う
女性たちが増えると同時に、選択肢が増えて
「幸せのかたち」も多様化していると言えます。

では「幸せのかたち」を考えて、
女性が自分らしく働くために考えるべきことには
どのような点が挙げられるのでしょうか?

それは、以下の3つのポイントになります。

1、どういうどういう自分になりたいのか

2、どういう仕事がしたいのか

3、どういうプライベートにしたいのか

この3つの点について
自分なりの考えを持っている必要があります。

価値観が多様化している現在だからこそ、
自分の目指すべき像を日常からしっかりと
描いていく必要があります。

4-2. 【ステップ2】結婚後も女性が子育てと仕事を「両立」するために考えるべき3つのポイント

女性が子育てと仕事を両立したライフスタイルを
実現したいと考えたときに障害になるのが、
「時間が限られている」「自由でない」「ストレスが大きい」
というこの3つの悩みです。

例えば、限られた時間で多くの仕事を
こなさなければいけないので、
独身時代と同じ働き方では無理だということ。

何かを決めるのにも家族会議が必要だし、
朝の身支度だけでも子供に朝食を食べさせて
洋服を着替えなければいけないなど、
独身時代の倍の手間がかかること。

仕事のストレスに加えて、
育児ストレスが重なることなどがあります。

では、こうした子育てや仕事のストレスと
うまく付き合っていくためにはどうすればいいのでしょうか?
その対策としては、

1、ストレスが入ってくる量を減らす

2、ストレスを出す量を減らす

3、ストレスを溜めにくいよう、体質改善をする

この3つの点を意識してみるといいでしょう。

4-3. 【ステップ3】目先の不満・不安でなく、長期的な視点でのキャリア形成を

現在のように世の中の経済状態が厳しい時には、
意に沿わない仕事を担当したり、
自分の頑張りに見合った報酬が得られなかったりなど、
不満が重なりがちなものです。

しかしこんな時代だからこそ、
目先の不満で仕事を辞めてしまうのではなく、
長期的な視点でキャリアを築く視点を持つ必要があります。

女性は特に、短期的な視点で物事を捉えがちな傾向があります。

その原因の一つには、女性たち自身の中にある
「女性は若くてかわいい方が価値があり、
歳を重ねると煙たがられる」という
思い込みがあるように思われます。

そのため、「若いうちに認められなくては」という
プレッシャーが男性以上に強いのかもしれません。

特に20代後半くらいの多少責任のある仕事を
任されるようになる時期というのは一番焦りがちなもの。

この時期は心を落ち着けてしっかりとキャリアの
土台作りをおこなうのがよいでしょう。

これから進みたい方向で何が自分に足りないのかを考え、
それを補う努力と意識的なキャリアデザインが必要と言えます。

5. まとめ

日頃働いていると、働くことが当たり前すぎて、
その幸せにさえ気づいていないことがあります。

では、女性の仕事の楽しさとはどこにあるのでしょうか?

仕事の楽しさとは、「周囲と関われること」
「誰かの役に立てるということ」「自己成長できること」
にあると言えます。

女性が「自分らしい働き方」を実現するためには、
周囲の人たちとの関わりを大切にすることや
協力を得ることで実現しやすくなるのです。

そして、最良の働き方とは、
「条件」面ばかりでは計れないものです。

そのためには「正社員になると大変そう、
あんなにコキ使われて、、」

「正社員になると自分の時間を犠牲にしなければならない」
「私は、正社員になんかなれない、、、」
などといったひとりよがりの思い込みや悩みを
自分だけで抱え込んだりしないことも大切です。

また、一番大事なのは、
「仕事を通じて生きる喜びを感じること」です。

これを意識し続けることで、
他人から必要とされ頼られる嬉しさや、
ワクワクと心踊るような仕事を任される楽しさを感じられるのです。

女性にとって10年先20年先のキャリアプランを
描くことは難しいことかもしれません。

同時に、結婚や出産のタイミングというのも
自分一人では決められないものです。

だからこそ、もう一度自分の働き方を
しっかりと見直すべきなのです。

スペーサー
(必須)
(必須)
サブコンテンツ