受け取れる情報量は、悩んだ量に比例する。

メルマガや情報商材などで
学習していると、
理解できる部分と理解できない
部分があります。

それは、
メンタル的なもの、
あるいはノウハウ的なもので
あったりします。

 

例えば、
ステージ1の人に
ステージ10の内容を伝えても、
9割は理解されずにスルーされます。

逆に、
同じ内容でも

ステージ9の人に
ステージ10の内容を伝えたら
9割くらいは理解してもらえる
かもしれません。

 

その違いは、
これまで悩んで試行錯誤してきた
量の違いからくるもので、

これまで悩んだ量、
試行錯誤の量が少なければ、
それだけアンテナが狭いので、

いくら有益な情報であっても、
その人の情報のフィルターに
引っかからないのです。

そのため、
「何言ってんだ?」
「ムダな情報だな」
と感じることがあります。

 

イメージ的には、
クモの巣が小さかったり、
インスタントコーヒーの
フィルターの目が粗かったり、

みたいな感じです。

 

「ビジネスセンスを磨く」とは、
この

クモの巣を大きくしたり
コーヒーフィルターの目を
細かくしたり

というようなことだと思います。

この、情報のフィルターの質を
上げるためには
自ら悩んで試行錯誤した量が
比例します。

 


これを読んでいるあなたも
「情報提供する側」「受け取る側」
の両方の立場になることと思います。

もちろん、

モノを伝えるときには、
相手のステージに合わせた
情報提供をすることが
前提としてありますが、

何かを学習する際や
情報収集する際には、
受け取れる情報量を上げるために

悩んで試行錯誤して
受け取れる器を広げておく意識があると
いいかも知れませんね。

スペーサー
(必須)
(必須)
サブコンテンツ