伊良部島【三角点・イグアナ岩】の場所と行き方と住所!インスタ映え間違いなしの2大絶景スポットをドローン映像と地図でナビゲート!

こんにちは。
じゅんじゅんです。

この記事では、
宮古島観光で伊良部島を訪れたら
絶対に見逃せない2つの絶景スポット

「三角点」「イグアナ岩」を、
ドローンの映像付きで
紹介していきます。

インスタ映え間違いなしの
この2つの隠れスポットを訪れる際の
参考にしてくださいね。

 

伊良部島に来たら絶対訪れたい秘密の絶景スポットその1:三角点

 

2015年に伊良部島と宮古島との間に
「伊良部大橋」が開通したことで、

伊良部島の絶景ポイントへの
アクセスはこれまでよりも
段違いで良くなりました。

レンタカーで気軽に日帰り
できるようになったのです。

そして、

伊良部島の絶景スポットの中でも、
特に人気なのが通称「三角点」。

伊良部島を訪れた人は
必ず目指すであろう、

この隠れスポットは、
インスタ映え間違いなしです!

見よ!この信じられない絶景を!

 

正真正銘、断崖絶壁の上から、
「伊良部島ブルー」と呼ばれる、

美しいコバルトブルーの海を
水平線の先まで見渡すことができます。

 

 

高所恐怖症の方は、
やめといたほうがいいかも。

なんせ、

場所が狭いばかりでなく
安全柵がないので、
すぐ足元から下は絶壁。。。

さらに、
5~6人もいればギュウギュウ状態。

 

なぜ、「三角点」なのか?

その由来は、
三角測量に用いる際に
軽度、緯度、標高の基準になるもので、

その基準となる桂石が
ここに設置されているからだそうです。

伊良部島の北部の外周道路沿い、
「サバウツガー」と「白鳥岬」の
中間点に位置し、

道路脇の、まさに
ジャングルのような薮をかき分けて、
進んで行きます。

すると、その先に突然、
信じられないような絶景が
広がっているのです。

少し前までは、「知る人ぞ知る」
隠れスポットだったのですが、

ここ1~2年でテレビの旅番組など
で紹介されたことで、

だんだんメジャーな観光スポットに
なりつつあるようです。

訪れる人の時間帯が重なると、
順番待ちも発生します。

三角点への行き方

 

ズバリ、地図で見ると、ここになります。

 

しかし、ちょっと注意して欲しいことがあります。

実は、このGoogleマップの地図にある三角点は、
実際の場所から少しずれています。

実際の三角点は、
道路沿いに100メートルほど東に位置しています。

 

場所がわからない場合の行き方としては、

まず、Googleマップ上の三角点を目指します。

そこから南東に100メートルほど進みます。

すると、道路上にこのような目印が見えてきます。

写真の奥が伊良部大橋側の方角です。

この先、30メートルほど先の
海側に三角点の入口があります。

一見すると、ただの草むらにしか見えませんが、
よく見ると奥へと進む道があるのがわかります。

以前は、本当に入りづらい場所だったのですが、
この頃では、かなり入りやすく入口がわかるようになってきました。

 

三角点は、

初めて訪れる人には、
少し分かりづらい場所かも
しれません。

しかし、

上記の理由から、ここを
訪れる人が増えたため、

三角点前の道路には常に2、3台の、
観光客が乗ってきたレンタカーが
路駐しています。

何もない道路に突然、
路駐のレンタカーが現れる
場所があったら、

そこが三角点です! 笑

 

三角点を訪れる際の注意点

上記でもお伝えしましたが、
三角点は藪をかき分けて
進んだ先にあります。

そのため、

虫が気になる方は、
肌が隠れるような上着を
持っていくと安心でしょう。

 

三角点から美しいコバルトブルーの
海を眺めたいなら、
晴れた日の昼前後がオススメです。

 

伊良部島に来たら絶対訪れたい秘密の絶景スポットその2:イグアナ岩

 

実は、

「三角点」を訪れたら、ついでに見ていって欲しい場所がもう一つあります。

それは、

通称「イグアナ岩」と言われる
絶景スポットです。

 

「三角点」ほどメジャーではないのですが、
それに負けないくらいの信じられない絶景を
見ることができる隠れスポットが、
もう一つあります。

 

 

海抜70mの崖の先端!
一歩間違えたら終了~

 

 

「三角点」とはまた違った
「伊良部ブルー」を
眺めることができます。

ブルーというよりも、
エメラルドグルーンの方が
正しいかも。

このエメラルドグルーンの底には、
星砂の砂丘が広がっているらしいです。。。

 

イグアナ岩と宮古島の位置関係

イグアナ岩を目指す前に、宮古島との位置関係を
簡単に頭の中に入れておきましょう。

こんな感じです。

宮古島の中心部の繁華街から
車で移動して約20分くらい。

伊良部大橋を渡ってすぐに右折して
伊良部島の東の海岸沿いの道路を
進んだ所にあります。

もちろん、
海沿いの絶景スポットなので、
美しい海を見渡すことができます。

この地図にもある通り、
イグアナ岩からは、対岸の
宮古島を見渡すことができます。

イグアナ岩(四角点)の場所と行き方

イグアナ岩(四角点)の場所と行き方は、
三角点よりも少し難しいです。

これは、先ほどの三角点の地図です。

一方、イグアナ岩はGoogleマップには載っていません。

(2018年夏前に、Googleマップに掲載されました。
訪れる人が多くなり、伊良部島のメジャーな
観光スポットとして認知されたのでしょう。

もはや、「裏」観光スポットではなくなりましたね。

「知る人ぞ知る」の時代が懐かしい。。)

 

 

イグアナ岩は、この三角点よりも北西へ、
道路沿いに400メートルほど離れた場所に位置しています。

地図でいうと、このあたりです。

地図上に目印がないのでわかりづらいと思います。

※この記事は、イグアナ岩がGoogleマップに
掲載される以前に書いたものです。

 

地図上の、海岸沿いの道路の右下にT字路があります。
この少し左上のあたりです。

さて、

先ほどの三角点を背にして、北西に道路を進んで行くと、
道路の真ん中にこういった目印が見えてきます。

さらに北西へ進んで行くと、
こういった目印が見えてきます。

 

その少し北西に、
道路脇の舗装が、こんな感じになっている場所が見えてきます。

写真右側が、島の内陸側です。

さらに注意して北西に進んで行くと、

こんな感じのハートの目印が見えてきます。

写真、奥側が島の内陸側です。

これを見つける事ができたならば、
もうイグアナ岩に着いたも同然です。

ここからくるっと反転して海側を向くと、
道路脇がこんな感じになっています。

はい、ここがイグアナ岩の入口です。

三角点から北西に400メートルほどの場所です。

 

イグアナ岩は、入口らしきものが見つかっても、
にわかには信じられないかもしれません。

なぜなら、
草で完全に覆われていて、道の先が見えないからです。

ただ、一旦、進んで行く事ができれば、
道の先はわかりやすくなっているので、
その後は迷うことはないと思います。

ちなみに、

このイグアナ岩の入口の下にも、
上記の写真のようなハート型の目印があったと思います。

 

なぜ「イグアナ岩」なのか?

 

それは、
イグアナの横顔に見える岩が
あるらしいのですが、

正直言って、

どれがその岩なのか、
私はわかりません 笑

ですが、ぶっちゃけ、

「イグアナ岩」がどれかわからなくても、
十分絶景は楽しめます!w

 

「三角点」からは遠くに見えていた
「座礁船」ですが、

こちらのスポットからは
正面に見ることができます。

実は、

「イグアナ岩」は、
「三角点」から数百メートルしか離れていない、
とっても近い距離にあるのです。

なのですが、

「三角点」以上に、
その場所が見つけづらい!

目印がないのです。

訪れる前には、
泊まっているホテルや地元の人に聞いて、
事前にしっかり場所を確認していく
ことをオススメします。

最悪、地元のタクシーに頼んで、
連れて行ってもらうのが
いいかもしれませんね。

※私に聞いていただければ、案内いたします!

 

どちらのスポットからも、
亀が泳いでいる姿を
よく見かけることができます。

息継ぎに水面に上がってくるので、
それを探してみるのも楽しいですね。

 

夜も楽しめる絶景スポット

ちなみに、

この2つの絶景スポット付近には、
畑しかありません。

ですので、

夜に訪れると満点の星空を
眺めることができます。

また、

季節によってはホタルが
飛んでいることもあります。

カップルで訪れたら、
とてもロマンチックな時間を
過ごせそうですね。

 

宮古島旅行で伊良部島の「三角点・イグアナ岩」で記念撮影するなら、「ドローン撮影」の予約がオススメ!

今や、宮古島旅行に来たら
まず訪れない人はいない伊良部島。

その中でも特に若者の間で人気なのが三角点です。

その理由は、
訪れた人が次々にインスタグラムなどで
フォトジェニックな絶景をアップしているからでしょう。

様々な角度で記念撮影している
様子がアップされています。

また、撮影機材も様々で、

・スマートフォン
・一眼レフカメラ
・Gopro

など、撮影手法も様々です。

そして、
その中でも特に思い出に残る
記念撮影方法としては、
「ドローン撮影」をおすすめします。

なぜなら、ドローン撮影では、
「空中」からの撮影が可能になるからです。

「三角点」「イグアナ岩」共に、
断崖絶壁での記念撮影になります。

撮影機材などを使って手を伸ばしたとしても、
当然、人の手の届く範囲には限界があります。

そこで、
人間の手の届かない「空中」からの
撮影が可能な「ドローン」の登場です。

ドローンなら、
絶壁を超えた空中から、
迫力のある映像を撮影可能です。

また、通常ではありえない角度から、
海や空を一緒に背景に写してくれます。

インスタグラムやSNSでも一際目立つ
写真をお披露目することができるでしょう。

 

、、、ということで、

友人が行っている
「ドローン記念撮影ツアー」の
告知をちょっとだけさせてもらいます。

 

伊良部島・三角点での記念撮影の様子

こんな感じで、
伊良部ブルーの海と一緒に思い出に残すことができます。

 

伊良部島・イグアナ岩での記念撮影の様子

 

このように、
他の撮影方法とは一線を画す感じで
思い出に残すことができます。

伊良部島の
「三角点」「イグアナ岩」を訪れる前に、
「ドローン記念撮影」を選択肢に入れてみてはいかがですか?

 

「ドローン記念撮影」の申し込み方法

スマホで、こちらのインスタグラムアカウント

青文字「プロフィールを見る」をクリック。

すると、
インスタグラムアプリの
プロフィール欄に飛びます。

プロフィール欄に飛んだら、

一番下のURL
「ドローン撮影のご予約はコチラから」を
クリックすると、予約画面に飛びます。

予約画面では、

・撮影方法
・撮影料金
・予約方法

などの詳細を確認することができます。

値段もそれほど高くはないので、
思い出に残る一瞬を、
ドローン映像で収めることをおすすめします。

 

昼に訪れても夜に訪れても、
友達と訪れてもカップルで訪れても、

最高に楽しめるこの隠れ絶景スポットを、
ぜひ旅の思い出にいかがですか?

 

2018年7月追記

友人に聞いて、久々に「イグアナ岩」を
Googleマップで調べてみると、
なんと、地図に掲載されているではないですか!

これまで、知っている人伝いに聞いて、
自分で調べて、現地で目印を探しながら
やっと見つけることができていた

「隠れ絶景スポット」だったのですが、
今となっては地図にも載るほどに
人気の絶景スポットになってしまったのですね^^

きっと、これからどんどん訪れる人が増えて、
入口の草薮も踏み固められて、
訪れやすくなっていくことでしょう。。。

スペーサー
(必須)
(必須)
サブコンテンツ