まずは、ギブ、ギブ、ギブです。

・なんで、無料コンテンツとか作るの?
・なんで、ステップメール作るの?
・なんで、分かりやすい資料作るの?

って、思っているかもしれません。

 

確かに、メンドいです。
手間暇かかります。

 

今回は、その辺の認識を、
ちょっと見直してみましょう。

 

【返報性の法則】というのがあります。

要するに、「何かいいことを
してくれた人に、お返しをしたくなる」
っていう、
みんなが持っている気持ちのことです。

 

例えば、

スーパーで試食を食べさせてもらったら、
素通りするのが申し訳なくて、
なんとなく買ってしまった。

こんなことは、
誰でも経験があるはずです。

 

要するに、

これが【返報性の法則】です。

 

スーパーの試食に限らず、 
あの有名な

・やずや 
・ドモホルンリンクル

などのビジネスモデルにも
取り入れられています。

 

「無料でこんないい商品をもらっちゃったけど、
ホントに無料でいいの?」

となるわけです。

 

実は、

情報配信ビジネスにおいても、
この法則を利用しています。

 

・ちょっと役にたつことを教えてもらったから、
もっとメルマガを読んでみたくなった

・メルマガの失敗談を読んで元気付けられた

・面白くてクスッと笑ってしまい、心が軽くなった

 

こういったことです。

ほんの些細なことですが、

・役に立った
・調べ物が解決した
・面白かった

などのことを感じてもらえると、
相手にとって、私たちの
「価値」が上がります。

 

ここで重要なのは、

「まず先にギブする」

ということです。

 

「無条件でギブする」

ということです。

 

ギブする内容は、

情報でも、
モノでも、
空間でも、
時間でも、

何でもいいですが、
重要なのは、

「まず先にギブする」

ということです。

 

こちらが先にギブしない限り、

相手も心を開いてくれません。

 

豊かな人生を生きてる人って、
必ず周りにギブしています。

それが、いつの間にか
返ってきているのです。

先にギブできる人だけが、
稼げる人になります。

 

「私にはギブできるものがない」

そう思うのは簡単です。

 

でも、いつもニコニコ
元気に挨拶の声をかけてくれる
人のことを、
いつのまにか好きになって
しまいますよね?

そんな、些細なことの
積み重ねなんです。

 

・ちょっとだけ役に立てること
・ちょっとだけ元気付けられること
・ちょっとだけ面白くすること
・ちょっとだけ嬉しくさせること

こういったことは、
誰もでもできるはずです。

 

「与えられる側」を卒業して、
「与える側」へと

立ち位置を変えましょう。

そういったマインドセットで
自分から情報を発信していきましょう。

スペーサー
(必須)
(必須)
サブコンテンツ