【意外な裏話】1万円の商品を売るよりも、40万円の商品を売るのが簡単な理由。

「自分の商品を売っていきたい」

となった時に、
こう思ってませんか?

 

「1万円の商品を売るよりも、
40万円の商品を売る方が
難しくね?」

 

結論から言うと、

 

1万円の商品を売るよりも、
40万円の商品を売る方が、

 

【はるかに簡単です。】

労力にして、1/3くらい。

 

それくらい、
「サクッ」と売れます。

そこにはあまり、「価格」は
関係なくなってきます。

 

この、「サクッ」の感覚を
覚えると、
収入のステージが変わります。

 

意外ですよね?

なぜか?

 

1回、商品を買ってくれて、
その価値を体感してくれてる人は、
売り手、もしくは商品に対して、

「ブランド」を感じてくれて
いるわけです。

 

この、「ブランド」を
感じてくれていることが大切で、

これがあると、
次の大きな提案をしたとしても
真剣に聞いてくれます。

 

初対面の人とは違う、
信頼関係ができているからです。

この、信頼関係がキーポイントです。

 

私は、フロントエンド
(ディスカバリークラス)において
講座を買ってくれた人と

「対話」する
形式にしています。

意識してお話しをするようにしている
ポイントも多々あります。

 

(このあたりの、フロントエンドの
作り方に関しては、
セッションで聞いていただければ
お話できると思います)

 

こうすることで、
お互いの距離を縮めることができます。

 

※変な言い方かもしれませんが、
ビジネスの全体像から言えば、

【バックエンドを売るために
フロントエンドを売る】

と言うことができます。

 

逆に言えば、
最初の商品(フロントエンド)を
買ってもらえる仕組みさえ
作ってしまえば、

それ以後に
収入を倍増させる手間と労力は
それまでとは反比例します。

 

0→1万円と
1万円→40万円の
労力の関係を図にすると、

 

0→1万円  >>>  1万円→40万円

 

こんな感じです。

 

ですので、まずは
「最初の商品を売る」
ことに向かって、
全力で集中していきましょう。

 

 

P.S.

 

自分で商品設計して、
値段を決めて、、、

初めて「自分の商品が売れた」ときは、
めちゃくちゃ嬉しかったです。

達成感と、充実感と。
何より、自分に自信がつきました。

それをぜひ、あなたにも
味わっていただきたいです^^

スペーサー
(必須)
(必須)
サブコンテンツ