AKB?ダウンタウン?駅伝?ワンピース?有吉?紅白?

どうもどうも。



アジアの宿無し。こと、
齋藤純司です。













想像してみてください。








抜けるような青い空、白い砂、

乾いた冷たい風、

人間が踏み込めない雪深い山々、

謎の巨大生物、まだ見ぬ大陸、

広大な海を進む一隻の帆船、

聞きなれない言語、秘境の温泉、

絶品グルメ、太古からの物語、




とかとか・・















■実家に帰って、

久しぶりにテレビのある生活です。










家族と、
チャンネルを奪い合うので
録画機能が大活躍です。




それぞれ、
興味のある分野が違うので
ちょっとしたケンカになることも。













■特番ばかりの年末年始ですが、


映画やスポーツ、旅番組などは
ついつい過剰に
予約してしまいます。









見もしないのにね。













で、






ここでひとつ、気づきます。









━━━━━━━━━━━━━━━━

あれ?確か、

1年前も同じような分野の
録画予約してなかったっけ?


━━━━━━━━━━━━━━━━









興味の対象って、


そんなに大きく変わらないと
思います。










何年も何年も、
自分の中に燻り続けているのに

気づかないだけだったり
するものです。














■わかりやすいのは、







新聞のテレビ欄の
「見たい番組」に
マルをつけていくことです。






直感で。




2、3日分くらい
マルをつけてみると、

かなり偏っているのが
わかるはずです。









マルのついた分野・・


それが、
自分の興味の対象なんだ、
って気づきます。



興味があれば、
勝手に、何時間でも
やってて飽きないのです。










そして、


興味の対象については、
主体性を発揮できます。





主体性を発揮できれば、
日々の生活に充実感が得られます。










逆に、


主体性を持って
時間を過ごせていないと



「こんなはずじゃない」感が
ずっと付き纏うことになります。












■ぼくの場合は、




物語を味わったり、

体を動かしたり、

この目で見て、手で触って、

味わって、体験して、









そういう、

「ライブ感」が欲しかったんだ、
って気づきました。




机とか、
画面の中じゃあなくって。













で、

今年は
そこに時間とお金を投資する。







得られた体験や知識を



セミナーや、ちょっとしたツアー、
合宿やイベントなどで
シェアしていく。






そんな一年にしていきたいです。









あなたも、
冒険に行きたくなったら
一緒に出かけましょう。


スペーサー
(必須)
(必須)
サブコンテンツ