0と1の差は100にも匹敵する。

どうもどうも。



アジアの宿無し。こと、
齋藤純司です。






先日、

友人とご飯を一緒に
食べたときの話です。




その中で、

彼は「ユーチューブで稼ぎたくて」
ってお話しをしてました。




そのために、

本を買って、
ご飯の待ち合わせの前に読もうと
思っていたらしいんです。



おお。

いいじゃないですか。


夢を持って頑張る人は、
応援したくなります。




ご飯を食べながら、
その話になりました。



「どんな動画がアクセスあるのか」

「どんな動画をアップしようか」

「どんな動画が面白いのか」




なるほど、なるほど。




そりゃあ、

面白くて役に立って、
ファンがたくさんつけば
再生回数もドンドン伸びて、
広告収入も入ってきますよね。





ぼくは、彼をとても
応援したいと思いました。




そして、

一緒にネタ探しの相談にも乗りました。
自分も「発信」活動をしているので。







ところが、です。


その日、
ご飯と一緒にビールを
飲んでたこともあってか、

家に帰るなり、
寝てしまいました。





疲れていたみたいなので、
仕方ないと思うのです。









でも、
ぼくはその日帰ってから
記事を一つ、書きました。
メルマガも1通、発行しました。




たった「1つの」記事だったり、
配信だけなのですが

「0」と「1」との差は
限りなくデカイと思うのです。





彼は、「面白い」ものを
アップできるかどうか、
で悩んでいたようですが


ぼくは、問題はそこじゃないと思ってます。



1つの記事を
「アップしたかどうか」。
ここだけだと思います。






最初から、

面白いモノをつくれる
人なんて誰もいない。



最初から、

実績ある人なんて誰もいない。




みんな、
ゼロから積み上げてきたんだよ。






大事なのは、

面白いかどうかじゃなく、
1つの記事をアップしたか
どうかなんだよ。


発信しながら精度を
高めていけばいいじゃない。


彼にそう言って
あげたかったのですが


これ以上言うと、
ケンカになりそうだったので
心の中にそっとしまっておきました。






ゼロを10日続けてもゼロです。

でも、

1を10日続けたら10です。


この差は、限りなくデカイです。





「まず、やっちゃえ」

ダメだったらやめれば
いいじゃないですか。

スペーサー
(必須)
(必須)
サブコンテンツ