自分のためにスタートし、誰かのためにゴールする!

どうも。 一昨日、 友人の木龍君に頼まれてお茶してきました。 頼まれごとの内容は 「Twitterのフォロワーの人数を  増やすにはどうしたらよいのか?」 木龍君は自分のメッセージを発信したくて 最近、ブログを始められたようです。 先月はセミナーも開催されました。 彼の長い営業経験を活かして これから社会に出る、 もしくは社会人になりたての方を対象に 社会で働く上での人間関係を良くする ノウハウをシェアしていきたいとのことでした。 そんな彼の姿勢に共感したぼくは 「メッセージを発信する媒体を持つ」 ことの一つとして Twitterのフォロワーの増やし方を教えてきたんですね。 ぼくはアカウントをいくつか持っていて そのうちの一つは フォロワーが14000人ほどいます。 あなたは Twitter使ってますか? 幅広い世代が使っているようですが 特に10代、20代の若い世代が メールやチャットの代わりに 多く使用していることがわかっています。 実はそれって ちょうど木龍君が発信対象にしている年齢層なんですね。 なんらかのキッカケで彼のメッセージが目に留まり、 興味を持ってくれるかもしれない。 そう思うとワクワクしますね。 フォロワーの数自体に、 たいした意味はありません。 ただ、 100人よりも10000人の方が 多くの人にメッセージを届けられることは確かです。 しかも、 そのうちの何人かが 「リツイート」で拡散させてくれれば、 さらに多くの人達にメッセージを届けられる、 そういった「口コミ」効果が期待できるんです。 自分のメッセージや商品、コンテンツや情報を 広告費を使わずに宣伝できちゃうなんて 使わない手はないと思いませんか? 実は、 ぼくは以前からセルフメディアを使った メッセージの発信方法に興味を持ち、 ノウハウの習得に力を入れてきました。 今回のTwitterだって、 習得に何十時間もコツコツ作業したし アカウントを5つも潰しました。 そして、 経験の中から分かっていた 最も重要なポイントもお伝えしてきました。 それは、 「人数ありきではなく、メッセージありき」 ということです。 フォロワーを増やすことなんてカンタンです。 ただ作業をやりさえすればいいんですから。 しかし、 重要なのは「核」となるメッセージやコンテンツです。 これがないと、 フォロワーがいくら多くてもファンが増えないんですね。 こうしたことは、初めは 自分が楽しい、とか 自分のフォロワーを増やしたい、とかの 気持ちでスタートしたものです。 だけど、次の段階で その経験と知識が誰かの役に立つって とっても嬉しいことです。 「自分のためにスタートし、誰かのためにゴールする」 大好きな佐藤伝ちゃん師匠のフレーズです。 別に、 全然ゴールしたわけじゃないし むしろ スタートしたばっかりだけど 自分の特技が人の役に立つって テンション上がるじゃないですか! これから、 彼のメッセージが多くの人の目に留まるように お手伝いしようと思ってます♪
スペーサー
(必須)
(必須)
サブコンテンツ