早朝5時の小樽港からお届けしますん。

おはようございます。



現在、朝の5時。
小樽港のフェリー乗り場です。



昨日10時に新潟を発って、
今朝4時までの約18時間、

船の旅です。








空と海の両方の青さを満喫しながら
波にゆられてのーんびり
ひとり時間を満喫できました。






×飛行機で2時間  でなく
◯フェリーで18時間  

を選んだのは、



移動そのものの
プロセスを楽しみたかったこと。

もう、
時間にしばられる必要はないので
あまり体験したことがなかったので。











■「ぼくらを縛り付ける鎖」



フェリー内で最も困ったのは、
「電波がない」ことです。


Twitterに投稿したりメッセージチェックを
頻繁にするぼくは

手持ち無沙汰になるとすぐに
iPhoneに手が伸びるクセがあります。








その点、


船内ではネットから完全隔離され
できることといえば
自分と向き合うことくらい。


24時間、縛り付けているもの。


実はそれは、
会社でも上司でも友人でもなく
『電波』なのかもしれませんね。


自由を奪う、見えない『鎖』って。








ついつい「時間がもったいない」って
作業を始めちゃうんですが、

ボーッとするのも、
旅ならではだと思います。





■船旅のちょっとしたコツ



長時間の船旅をくつろいで過ごすには
「スリッパ」を持参するといいかも。


いちいち靴を履いて船内を歩くのは
ちょっとメンドウです。









それから、

船酔いしないためには
波と垂直方向に座るといいかも。



最初少しだけ気分が悪くなったのですが
体の向きを変えたら、大丈夫でした。







■今日は、
道内を適当にプランプランして
(桜を見られたらいいな)

夜に千歳で友人と会う約束です。



ネットではすごくお友達なのに、
合うのは初めて。


020ってやつですね。



有意義な時間にできたらな、
と思っている次第です。



スペーサー
(必須)
(必須)
サブコンテンツ