既にオーナーです。

あー やってしまいましたー。 この間、ある人から相談を受けたんです。 でも 「ちょっと自分には重荷だ」と考えて それを受け流す感じで安易に さらに頼れる人に横流ししてしまいました。 これって 「齋藤にお願いしたい」って 言ってきてくれたのに その意志を無視して 責任逃れしてしまったようなものです。 無関係に押し付けられた方も、 とっても迷惑なことなんですね。 「自立した人生を送る」 と決めていたのに 反省です。 ■自立した人生を生きたいのであれば 会社員だろうが アルバイトだろうが 自由人だろうが 例外なく 「自分の人生のオーナーである」 という感覚は必要です。 でないと いつまでたっても 「時間がないから・・」      「お金がないから・・」      「経験がないから・・」 という言い訳ばかりになってしまう。 ぼくはそう考えます。 その状況に持って行っているのは 他ならない自分なんですから。 過去の全ての選択の結果が今の自分。 厳しいことかも知れないけど 人生を主体的に生きるってそういうこと。 ■で、 ぼくが考える 自分ブランドで生きるための オーナー思考には4つあって それは 1、まずやっちゃえ 2、どうなりたいの?をハッキリさせる 3、今の現状に責任を持つ 4、〇〇がないから、どうする? だと思うんです。 1は、 やり方がわかってからでなく、 行動しながら考えるということ。 ぼくが複数収入源を構築しようとしているのも 周りの先輩起業家の 見よう見まねの部分が多く、 それでも少しずつカタチになってきているし 2は、 今やっていることが その先につながっているか ってことを考えながら行動すること。 人生に必要な 「ポラリス、コンパス、チャート」 を駆使して進んでいくんです。 3は、 これまでの全ての選択の結果が 今の自分だということを受け入れること。 4は、 3を理解するとグチがなくなります。 時間がない、お金がない、知識がない ないからどうする? ってのがオーナーの考え。 お金も知識も人間的器も、 全部揃ってから起業するの? ■このオーナー意識は 人生を主体的に生きるコツで、 身に付けると目線が変わります。 目線が変わると 起こること全てが学びになり 起こること全てがネタになり 人生そのものがコンテンツになるんですね。 あとは吸収したものを 自分のフィルターを通して 世の中にアウトプットしていくだけです。 結果、 世の中で誰かの役に立てば それが自分ブランドってこと。 いきなりは難しいかもしれないけど 余裕のある時にちょっとずつ 日々の行動に対して 振り返ってみてください。 きっと1日の濃さが 変わってきますよ☆
スペーサー
(必須)
(必須)
サブコンテンツ