心臓バクバクです。これから告白します。

やー。 どもー。 今日も「んっ?」って思いました? 遊んでます 笑 やー オモシロい♪ では、 「嫌いになりたいのに、あなたが好き」 に心を動かされる理由。 それは、「ギャップ」です。 今まではどう言っていたかっていうと ストレートに「あなたが好き」 ですよね。 まあ、これでもいいけど。 じゃあ、 ここにエネルギーを持たせるコツは 「スタート地点を下げ、 言いたい意味にギャップをつくってあげる」 んです。 ヒット曲や有名小説、漫画や大統領演説にも 意図的に使われてるんですよー。 例えば 「No.1にならなくてもいい もともと特別なOnly one」 「事件は会議室でおきてるんじゃない!現場で起きてるんだ!」 「「お前のためにチームがあるんじゃねぇ                チームのためにお前がいるんだ!!」  どうですか? どっかで聞いて印象に残ってますよね? 具体的には、 ① 最も伝えたいコトバを決める。 ② 伝えたいコトバの正反対のキーワードを考え、前半に入れる。 ③ 前半と後半がつながるよう、自由にコトバを埋める。 これだけです。 これを利用すれば、 人を感動させられる言葉なんて 簡単につくれるわけです。 スポーツでよく使われる 「一人はみんなのために みんなは一人のために」 ぼくも小学校の剣道で聞いてました。 指導してくれる先生が言って 「おおー」 ってなったのを覚えてます。 どんどん動かしてしまえ。 動かしたモン勝ち。
スペーサー
(必須)
(必須)
サブコンテンツ