寝不足より悪口より、退屈が私を腐らせる。 

どうもどうも。



アジアの宿無し。こと、
齋藤純司です。

 

 

 

香港の30㎞ほど北の、
国境を越えた深圳という街に
行ってきました。

中国国内です。




想像してたより、
ずっとずっと発展していて
インフラもお店も、人の様子も
都内と変わらない感じです。


うかうかしてたら、
置いてきぼりにされそうな
パワーと勢いを感じます。


英語が殆ど通じません。ww






■で、


興味本位で
深圳駅前の国営ビル内にある
「ニセモノ屋さん」に入ってみました。



「つきまとっていれば、
いずれ買ってくれるだろう」

っていう
こちらでは信じられないような
素晴らしいマインドです。




「いらないよ」
って言ってるのですが


20~30分ほども付きまとってくる
客引きのおじさんに
根負けしました。


その前に小一時間ほど、
食事してたのですがどうやら
その間も店から出でくるのを
待っていたようです。



ある意味、
「価値の押し付け」なわけですが。
ww


すごいですよね。
既成概念をぶっこわしてくれます。


ハンパねぇ。








■中華料理店の客層は、
ここら辺の裕福層みたいな
人ばっかりです。




月給にして4~5万円で
暮らしている人たちの中で、

一食で4~5千円払える
くらいの余裕のある人たちです。



不平等が平気で起きる国ってのは、
こういうことをいうのでしょうか。




ただ、
意外にも、

従業員さんはみんな、
楽しそうに働いてます。
サービスもいいです。



「私語は慎め」なんてのは
日本だけなのかも。

ニセモノ屋の人も、従業員の人も、
みんな親切です。



どことどこの国がケンカしてるんだ?
っていうくらい、
にこやかな人々です。






確かに、
「国」に対しては好き嫌い別れる
ところですし、

別にぼくも中国びいきなんてことでは
ないのですが

「人」の一人一人を見てみると
一概に決め付けるのはどうかな、
と思ったりもします。



誰かの情報だけを鵜呑みにしないで、
悪口は実際にその人たちを見て
言った方がいいです。






■その後、

やはり裕福層が通うような
マッサージ店で全身マッサージ。


約200HKD(約3000円ちょい、安い!)で
90分間のVIPサービスが受けられます。



しかも、
メチャクチャカワイイ娘が
付いてくれます。



香港内だと、
ここまで安くはないので

週末ごとに通う人々が
いるそうです。



気持ちよかった~





例えば、

僕らが日本円、あるいはドルや
他の外貨を獲得することが
できていたとして。




その貨幣が強ければ、

ありえないくらい安い値段で
普段の日本の生活からは
考えられないのレベルの
いいサービスを
買うことができます。




ちょっと海外へ足を伸ばせば
そういう体験ができちゃいますね。


スペーサー
(必須)
(必須)
サブコンテンツ