孤独だったぶんだけ、人に優しくしたいじゃないですか。

どうもどうも。



宿無し住所不定になって
体一つで生きていく身軽さを
身につけたいじゅんじゅんです。








先日、

複数収入源を構築して、
不安定な時代を生き抜く、

サバイバル力をつけるための
LINEグループを立ち上げました。







そしてそれが、
トンデモナイことになってます!



ヤバいです。




熱海の梅園くらい野梅です。







何がそんなに
バイヤーかっていうとね、

コミュニティの持ち味がさっそく
発揮され始めたみたいなんですね。







それは、

ぼくが描いていた
理想形に近いです。





特に、

主婦の方の意欲が
ハンパなくって。









■まず、

各個人が「会社以外」の
収入源を作ります。





で、

チャレンジしてみて

「うまくいった」「失敗した」
っていうことをグループの中で
共有してもらうんです。







すると、


他のメンバーも同時に
知識として蓄えることが
できちゃいます。






つまり、

ひとりでやるよりも人数分だけ
グループ内で経験値が
蓄積されていくんですね。







まあ、

そこまでいかなくても
「みんなで一緒に」やってるって
感覚になることで

孤独にならずに済むわけです。











■でね、


ぼくには野望があるんです。





時間が経過して
メンバー同士の
信頼関係ができてくれば、



一度に大きな金額を
生み出せることができるなって。







ひとつのプロジェクトを、
メンバーが同時に力を合わせれば
大きな額を稼ぎだすことができます。



それを
メンバーに分配していくんです。







そしてもし、

「今月どうしてもヤバい」
って仲間がいたら

他のメンバーが少しずつ
力を貸してあげれば
その人は生き延びられますよね。




そんな優しい仕組みを
つくりたいなって。











■例えば、

会社も給料もなかったとして。




コミュニティと仕組みを
つくっておいて


「人と信用と信頼で繋がっていれば、
食いっぱぐれることはない」


ってことが
体感覚でわかってきました。







これこそぼくが目指す
「この身一つで生きていく生命力」
の源泉となる気がしています。








理想は

参加してくれた人の
人生が変わるような、

そんなコミュニティに
していけたらいいな、と。





そう思っています。






スペーサー
(必須)
(必須)
サブコンテンツ