台湾人と鹿児島へ。

どうもどうも。



アジアの宿無し。こと、
齋藤純司です。







一緒に住んでいる台湾人の子と、
3月に鹿児島へ
行くことになりました。






なんで鹿児島か、っていうと

理由が2つあって、






1つ目は、

年末にジェットスターの
「片道\1980セール」
をやっていたのと、






2つ目は、

鹿児島の「知覧」に
興味があったから。











最近の趣味は、

「格安航空の、さらにセール情報」
をチェックすることです。






なので
ついつい買ってしまいます。






いまや、
新幹線より安いので
バンバン移動したくなりますね。







ここまで安くなってくると

もはや、

「リニアモーター」とか、
必要なくなってくるんじゃないか、
ってくらいですね。






でも、

いろいろな利権関係があるので
作らないといけないことになっている
らしいです。




めんどくさい国です。








香港の夜景はとっても美しいです。



おそらく、

街全体が「デザイン」
されているんでしょうね。







その点、

都内に帰ってくると
乱雑にビルが立ち並んでいるな、
という印象を
受けるようになりました。








香港やシンガポール
などと違って

国を「デザイン」する
人がいないので



なんかもう、


国としての一体感がないというか、
すごくもったいないことに
なっているようです。








WiFi環境も
それほどいいとは言えないし、

成田や、羽田から都心へ
移動するときのアクセスの悪さや

高い交通費を払うとき
などに感じます。












■ちかごろ、

我が国の歴史に少しずつ
興味が出てきていて。








というのは、





国外に出たときに

「ぼくらの国はこんな国で・・・」

ってちゃんと言えないと、

なんか恥ずかしいじゃないですか。







旅先と日本の歴史的な関係も、

知ってて行くのと
そうでないととでは

モノの見方が全く異なるだろうし。








旅先で大切なのは

「場所」でなはく
「視点」や「アイデア」だ、

っていうけれど
まさにそう思います。










今回の「知覧」もそうです。



祖父から戦争の話を
聞いてはいたけど、

こういった場所を自らの意思で
訪れるのは初めてかもしれません。






これから、

ちゃんと調べて事前に知識を入れて
訪れたいと思っています。











それと、


台湾人の友人を連れて、

っていうのも
いろいろ深いです。







彼は、
戦争についてどう思ってるんだろう、

とか


日本についてどんな教育を受けてきて
彼の家族はどう思っているの
だろうか、

とか。








まだそこまで仲良くはないので
話題にはしてないのですが

ちゃんと聞いてきたいと
思っています。













■「自分の世界を広げたい」って

冒険心で旅をするのですが




どんどん、

自分の世界の小ささに気づきます。








正しい歴史をちゃんと
学んでおけばよかった、



とか、



語学をちゃんと
やっておけばよかった、

とか。






今更ながら勉強
したくなってきました。






ので、


知識も、語学もこれからどんどん
挑戦していこうと思ってます。













「生きた勉強」って
こういうことをいうんでしょうね。








たぶん、


名刺に必要なその場しのぎの
「資格」なんかよりも



遊びだったり、
興味本位だったり、

必要にせまられて
身につけていくものが

一生の資産になっていくのだと
思います。





ああ、

これから勉強することがいっぱい。






英語、広東語、タイ語・・

我が国の歴史、世界の歴史・・

もちろんビジネスも・・・







ひとりでは挫折しそうなので、



なんか
みんなでコミュニティつくって

わちゃわちゃしながら勉強
できたらいいなあ、

と思っています。




スペーサー
(必須)
(必須)
サブコンテンツ