今夜、飲み会に誘われたなら。

やー どもー。 明日レポートの提出日なのに、 今夜飲みにいかない? と友達に誘われたら あなたは行ってしまいますか? 人は、見ている方向にしか進むことはできません。 私は、大型二輪の免許を持っているのですが 教習所では 「曲がる方向に顔を向けなさい」 と指導されます。 ハンドルを曲げるのではなく 進行方向に顔を向けて体を倒すのです。 セミナーも行っているのですが、 今日は「時間」がテーマです。 そもそも、人生とは「時間」です。 人は時間に対する3つのモノサシを もっています。 1、気分のモノサシ(気分が乗るかどうか) 2、緊急のモノサシ(急がないといけないことかどうか) 3、重要のモノサシ(後で大きな影響をもたらすことかどうか) 例えば、冒頭の質問の場合 多くの人は断るでしょう。 これは緊急のモノサシを使っているからです。 では、締め切りが1ヶ月後だったらどうですか? 時と場合によるでしょう。 では、ずっと読みたいと思いながら 日々の忙しさを理由に 半年も机の片隅でホコリをかぶっている ベストセラー小説はどうですか? ここで重要のモノサシを持ち出せるかどうかです。 多くの人は普段、 気分と緊急のモノサシを使っています。 締め切りだからとか、今日は疲れたからとか。 しかしそのままでは、いつまでたっても 自分のやりたいことは実現できません。 長期的に見て、人生に大きな影響をもたらすのは 重要のモノサシをつかえるかどうかなんです。 昨日の記事で取り上げた 優先順位にも関係しますね。 大切なことをしなくても、 忙しい一日を過ごせば 「仕事をした」気になる。 仕事のあとのビールはうまいかもしれません。 「このために生きているんだ」と しみじみ幸福を味わうかもしれません。 ただ、それ以上に 「価値を生む行動」かどうかが問題です。 「人生は好きなことをする時間しかない」 大好きな伝ちゃんの言葉です。 3つのモノサシを使って ちょっとだけ時間の使い方を変えてみる。 はじめは抵抗感があるかもしれません。 でも「重要のモノサシ」の使い方に 慣れてくれば、前よりもっとたくさんの 大事なことをラクにこなせるようになってきますよ。 自分の人生の進むべき方向を見定めて 時間を使いたいものですね。
スペーサー
(必須)
(必須)
サブコンテンツ