今どきの「愛され方程式」って?

最近、

Facebookをサボって

Twitterで遊んでます。












別に自慢するわけではないんですが、



最近ではぼくが1回つぶやくと、

大抵2、3人の人が

「リツイート」「お気に入り」

してくれるんです。





昨日は

「34リツイート」

「24お気に入り」

でした。







これに何の意味が

あるのかっていうとね、




誰かが勝手にぼくの考えや名前を

広げてくれるってことなんです。










「ぼくはこう思う」って

世界に拡散できるんですね。










最近わかってきたんですが、





実は、

当たり障りの無いツイートって

あんまり反応ないんですよ。










反面、

なるべく自分のフィルターを通して

発信したつぶやきの方が

「リツイート」

してもらえたりするんですね。














■そうそう、

ワンピースに

こんなシーンがありますよね。





→http://hittsy.mo-blog.jp/mangakin2012/2013/03/post_5a46.html









ミホークが言ってる、



ルフィの

「その場にいる者達を」

「次々に自分の味方につける」

っていうのは、









要するに、

「巻き込み力」

のことかなって。














■世の中の95%は

誰かが言ってることを

「うん、そうだね」

って受け取るだけです。







逆に、

「こう思う」って少し言うだけで

残り5%に

立場を変えることができるんですね。













「ぼくはこう思う」って言えば

敵ができるかもしれない。







でも代わりに、

味方ができるかも知れないんです。









今、

Twitterの実験で

それをすごく感じてます。














■ぼくは、

お金のやりとりの本質っていうのは

「価値観と価値観の交換」

だと思うんですね。






それは、

自分の価値観に合うものに対して

お金を使っているってこと。













じゃあ逆に、

お金を受け取って豊かになるには、





「ぼくはこれがいい」って

価値観を提示することじゃないでしょうか。





そして

それに共感してくれる人を

集めること。









それが、

「愛される」

「リーダーとして雇われる」

っていうことだと思うんですね。















■人の心を動かすのはルールではなく、

価値観です。












自分の価値観で、

どれだけ人の心を揺さぶれるか。














ぼくらは、

この力をもっともっと

鍛えないといけないんだと思います。






スペーサー
(必須)
(必須)
サブコンテンツ