世界に一つだけの視点

おはようございます。 昨夜は素敵な女性アーティストと お茶してきましたよ。 読者の方で、 会いたいと言ってくださったんです! そして 表現方法について 新たな視点を教わっちゃいました。 やー 発信してるといいことありますね! ■世の中の 自立して生きてる人って 自分ブランドを持っている人 だと思います。 そして 自分ブランドで生きてる人って 表現がうまい人だと思うんです。 人は誰でも独自の視点を持っていて 同じ世界を見ていても 捉えているものって全く別ものなんです。 視点=フィルターと言ってもよくて フィルターの厚さや透明度なんかが 一人一人違うから インプット、アウトプットの仕方も違うんですね。 文章だったり、絵だったり、踊りだったり・・・ 昨夜は「筆」を通して 自分を表現している方との お茶会だったんですが 勢いでコラボすることに なっちゃいそうです♪ 自分にはない フィルターを持ってる方との お話はめっちゃ楽しいですね☆ 枠を取り払って 自分のステージがひとつ、 上がる感じがしました! ■「フィルター」の価値を上げる アーティストって、 結局プロのアウトプッター ってことだと思うんです。 んで、 何に「すごい!」って 感じるかというと フィルターの価値にすごいって 感じるんじゃないでしょうか? その人のそれまでの 経験、知識、技術 才能、なんかが 複雑に組み合わさって 生まれ、 突然できるのではなくて コツコツ積み上げてできるもの。 そして相手が持っていない 視点を提供できること。 それを自覚できた時、 ものすごく自分に 自信を持つことができると思うんです。 だから 自分がどんなフィルターを 持ってるのかを意識して 日々磨いていきたいなと 思います。 齋藤さんも 自分のフィルターを 育ててみてくださいね☆
スペーサー
(必須)
(必須)
サブコンテンツ