セミナー作成時の6つのポイント

最初、起業した時に

ぼくは友人を数名集めて
一人500円の「シェア会」から始めて、

次第に1000円、2000円、
3000円、5000円と価格を
アップさせていきました。



その際に、
意識していたポイントを紹介します。










基本的には、

「バックエンドを売るためのセミナー」
という考え方です。








◎「売り」を作って、

◎適切な「値段」をつ けて

◎フロントエンド、
 バックエンドを作って

◎目の前の人に商品を売る



ということを繰り返して、
制度を上げていきます。











注意するべきなのは、



× 情報提供型セミナー


ではなく、


◎ 顧客獲得型セミナー


にする、という点です。








セミナー単体で、
ビジネスの利益を大きくすることは
難しいので

「バックエンドを売るためのセミナー」
という考え方です。











では、

顧客獲得型セミナーを
作る際のポイントは6つありまして





1、顧客にしたい理想のお客さんを決める


2、そのお客さんが考える問題点と
  解決策を用意する
  (商品やサービス)


3、商談中に考えられる疑問や不安と
  契約を決心するための要素を考える< /div>


4、3をセミナーの内容にする


5、理想のお客さんが望む、
  個別面談へのフックを考える


6、理想のお客さんを集客するための
  媒体を選ぶ





この順番で作ります。










※この時に、

価格以外の購入の判断基準を
お客さんに与えなければいけません。



セミナー中に越えなければならない
お客さんの4つのハードルというものが
あります。





それは、


1、あなたは何を売ろうとしているの?

2、それはお客さんに何の得があるの?

3、それって、おいくらするの?

4、そもそも、
  あなたは信用できるの?



というハードルです。



 

スペーサー
(必須)
(必須)
サブコンテンツ