わざわざ海外に来て、一日中ホテルで引きこもっていた件について。

どうもどうも。



アジアの宿無し。こと、
齋藤純司です。

 

 

 


今日の昼の便で成田に戻りますー。









タイと台湾に1週間ずつ。













なんか、





毎日いろいろ楽し過ぎて
長かったのか短かったのか

もはやわからなくなってきました。












その反動からかは知りませんが、


昨日は一日ホテルに引きこもり。
ご飯を食べる以外に
外に出ることもなく。











わざわざ海外で引きこもりとか、
贅沢すぎます。




まぁ、また来ればいいし、
とか考えてます。
















■実は、




いわゆる「観光」みたいなのには
あまり興味がなくって。





どちらかというと、

街に「紛れ」に行く
って感覚です。












歩いてる人を観察したり、
現地の人の生き方やエネルギーに
触れたりするのがいいんです。





あっ モチロン、
「食」は楽しみたいです!














なんかね、


台湾人と
中国人と
韓国人と
日本人と





一発でわかりますよね。





「何が違うの?」
って聞かれると答えづらいけど
オーラみたいなのが全然違うんです。



観察してるとわかります。



なんでかね?



気質が違うのかな??



そんなのを感じるのが好きです。


















■そういう意味では、





バンコクでの裏道自転車ツアーや
台湾の夜市はよかったな。










「市林夜市」って台北最大の
夜市があるんですが、


あそこのエネルギッシュさは
ものすごいです。





路地に人がごった返してます。
月曜の夜から、ですよ。
















例えば、





路上にテーブルを出して
品物を並べれば、

それで商売になります。







なんなら、


地べたにシートを
敷いただけでもOKです。



みんなハングリー。











名物の臭い豆腐とか鶏の煮た
やつのムッとするような匂いとか
屋台主の叫ぶ声とか。





とにかく五感が刺激されます。














こういう雰囲気って、

今の日本にいたらなかなか
味わえないと思うんですよね。















■今って、


ネットで検索すれば
何でも調べられます。


本を読めば
体験した気分になれます。














でもやっぱり、

「実際に肌で感じてみる」
以上の情報はないと思います。







画面の前で知ったかぶりとか、
くそくらえです。

















今までの常識との
「ギャップ」を体験する。



その幅が大きいほど、
積み重ねるほど、








生命力が強い人間に
なれる気がします。















そう肝に銘じて、


どんどんと体験に
投資していこうと思った次第です。








スペーサー
(必須)
(必須)
サブコンテンツ