なんであの人には、みんなが集まってくるのか?

どうも。 ぼくは以前から 「自分で食っていける人間になりたい」 と思っていて、 そのためにはまず 「人が集まってくるような人間」 「みんなが付いてきてくれるような人間」 でありたいなと考えていました。 だけど一方で、 「具体的にどんなことをすればいいんだろう」 「ぼくにできるんだろうか」 っていう思いもあったんです。 柵の中から草原に出たての ロバの脳みそでは 考えの及ばないところだったんです。 そこで、 周りにいる 自分ブランドでたくさんの人を惹きつけている 人間やモノを観察して そこから学べることはないか? そう考えてみることにしました。 すると、 決定的に必要なポイントが 浮かび上がってきたんです。 観察したのは ●ぼくがいつもお世話になっている人生の先輩。 長年の経験を活かして、 全国を飛び回り若い世代の人達に 人生の切り開き方を行動で示してくれます。 ●旅を基本としたライフスタイルを、 セルフメディアで発信している起業家。 ●ぼくも大好きなワンピースやジョジョ。 とかとか。 それぞれが自分のコミュニティとファンを持っていて なぜかみんながくっついていくんです。 ぼく的には、 「人の役に立つ」ことを 教えたり与えたりしてればいいのかな というのが予想でした。 もちろん、 前提としてそれもあるんだけど それだけじゃ足りなかったようです。 じゃあ、 何が必要かっていうと 結論から言えば、 「強い価値観」と 「新しい世界」を 示してくれるっていうことです。 それは 新しい情報だったり、 企画やライフスタイル、 ストーリーや斬新な価値観のこと。 今まで自分の選択肢になかった 斬新な世界や新しい視点を見せられ それが自分の価値観とマッチしたときに、 人は「すごい」「楽しい」って感じます。 相手の世界観のファンになるんです。 教える、与えることの本質は 「他人に新しい世界を見せる」こと。 周りの人気者を観察してみてください。 自分のファンや コミュニティを作っているのは、 「こっちの新しい世界に行こうぜ」 って手を挙げて そこに他人を巻き込んでいる人なはずです。
スペーサー
(必須)
(必須)
サブコンテンツ