たまには、「お金に依存しない」生活を。 

おはようございます。




5月に入ってからというもの、
実家近くの蔵王の山の中で
山菜採りに夢中になってます。






青い空の下、
少しヒンヤリする空気の中で
遅いサクラのピンク色が
ところどころにあったりして

誰もいないステキな空間を
のんびり独り占め。






で、

少し薮をかき分けて
ズンズン入っていくと

初夏の味覚の
タラノメ、コゴミ、フキノトウ、コシアブラ
などなど・・・

お宝がゾクゾク出てきます。







自分で採ったものを
晩ご飯にする。




うーん。



幸せです。









■最初は、



目も脚も馴れていないので

獲物が見つからなかったり
斜面で足下がおぼつかなかったり
するのですが、




だんだんと、

すぐ見つけられるようになり
筋肉もほぐれて
体温があがってきます。





そしてそのうちに、


自分なりのルールを見つけて
上達してきます。




・人が通った後ろではなく、
別のルートでなきゃ獲物がない

・獲物を1株見つけると、
周りに密集していることが多い

・芽は全部採らず、最低
1つは残しておくこと


とかとか・・・





まあ最終的には、

採取よりも筋肉を動かして歩くこと
自体が楽しくなってくるんですが。






要は、

━━━━━━━━━━━━━━━━


×結果     でなく、

◯プロセス   




━━━━━━━━━━━━━━━━

自体が楽しくなっちゃうんですね。








■実は、


こうしてサバイバル的なことを
するのには理由があって、



「お金に頼らない生命力を
身につけたい」



っていうのがあるんです。






もちろん、

「稼ぐ力」って大事だけど、
「生きる力」も大事だなって。




これからの時代、
エネルギーと食料と水を持ってる
人ってやっぱり強いです。




なんにも持たないぼくは

お金と交換して、もしくは自分で
獲得していかなきゃならない。





一晩だけの
「お金を使わない食卓」。





そういった体験を通じて
何かに依存しない生き方を
目指してます。





そしてやっぱりぼくは、
歩いたり、体を動かすことが好き
だってことがわかりました。



じっとしていられない性格みたい。



そんなことも
今回の体験を通して
わかってきました。







━━━━━━━━━━━━━━━━



人生は画面の中で
進んでるんじゃない、



体験の中で磨かれるんだ。



━━━━━━━━━━━━━━━━


的な。












今日は、


いつもお世話になってる仲間たちが
BBQを開催してます。




差し入れにできるくらい、
ザックザクになるといいなって
思います。





スペーサー
(必須)
(必須)
サブコンテンツ