これから必要とされる人の「めちゃモテ方程式」って?

どもー。
 
 
 
 
昨日ね、
 
ホントのぼく、デビューしましたよ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
何かっていうとね、
 
コンタクトレンズを買い足しに
 
行ってきたってことなんですが。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ぼくは、
 
コンタクトかメガネ無しには
 
生きられないくらいの
 
かなりのド近眼です。
 
 
 
 
 
 
 
 
それはどれくらいかっていうと、
 
顔から30センチ離れた
 
新聞の文字が全て
 
アラビア文字に見えちゃうくらい。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
夏はやっぱり、
 
コンタクトの方がいいです。
 
 
 
 
 
 
 
メガネだと鼻の上に汗かいて、
 
すぐにズリ落ちてきちゃうから。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
■「ホントの私 デビュー!」
 
って知ってますか?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
メガネっ子女子が、
 
コンタクトに変えて
 
スッキリ、パッチリお目めで
 
さわやかに笑ってる、
 
 
 
 
某コンタクトレンズメーカーの
 
CMです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
あれって、
 
「メガネをかけたせいで、
 
 小さく見える目の、
 
 モヤモヤ表情の、
 
 現在の私」   が
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「コンタクトにすることで、
 
 視界を遮るものがない、
 
 パッチリお目めで
 
 スッキリ表情だったころの、
 
 素の私」     を
 
 
 
 
 
 
 
 
「取り戻した」っていう
 
ストーリーなんですね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ということで
 
ぼくが買ったのは、
 
 
 
視界がクリアで裸眼だったころの
 
「過去の自分」ってことに
 
なるわけなんですね。  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
■実は、
 
ぼくらが普段消費しているモノ(物語)
 
って大きく2つに分けられるんです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
◎(美化された)過去を取り戻すモノ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
◎新しい価値観やライフスタイル
 
 
 
 
 
 
 
 
なのか。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
前者は、
 
化粧品や美容、レーシック等に
 
代表されるモノで、
 
昨日のコンタクトレンズなんかも
 
そうですよね。
    
 
 
 
 
 
 
何らかの問題解決と
 
言ってもいいかもしれませんね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
後者は、
 
スマホや家電、雑貨に代表される
 
新しいライフスタイルや流行を
 
「いいなあ」って思って、
 
それにまつわるモノを消費すること。
   
 
 
 
 
 
 
ある種「ムダなもの」といっても
 
いいかもしれませんね。
 
 
 
 
 
ネイルとか、つけまとか
 
やらなくても死なないわけで。
   
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
■ぼくらはモノが
 
溢れている時代に生きています。
 
 
 
 
 
 
生活必需品なんかは、
 
もうある意味で「必要とされな」く
 
なってきているわけですね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
だから、
 
これから世の中に
 
「必要とされる」「価値を生める」
 
人間になることを考えたら、
 
 
 
やっぱりこういう仕組みを
 
意識しないわけにはいかないわけで。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そして、
 
そんな人間になるための
 
「めちゃモテ方程式」
 
みないなものがある としたら
 
 
 
 
 
 
 
自分が提供していくのは前者なのか、
 
後者のタイプなのかっていうことを
 
考えるのって大事だと思うんですよね。
 
 
 
 
 
 
 
 
じゃあ
 
そのためには、
 
 
 
「今、自分はどっちの物語を
 
消費しようとしているんだろう?」
 
 
 
 
 
 
っていう意識でいると
 
また違った視点で世界が見えてきて、
 
おもしろいと思うんですよね。
 
 
 










あ、

こっちの方でしか配信してないのもあります。

よかったら登録してみてくださいね。

こちらをクリック→齋藤純司公式メルマガ登録フォーム


 
スペーサー
(必須)
(必須)
サブコンテンツ