あ、これこれ。ミッションとヴィジョンに気付いてしまったいい例です。

年収5千万を捨てました。

えっ ホントに?




仕事の目的は

「金持ちの株主をより金持ちにすること」

から、

「世界でもっとも貧しい人々を助けること」

へと180°変わった。




地位や高収入を手放したことを

「クレイジーだ」と批判する人もいたが、

本人は意に介さない。



「マイクロソフト時代と変わらないハードワークなのに、

これほど幸福な気分でいられることに自分でも驚いています。

教育によって子供達の人生を良い方向に変えることができる。

そう考えるだけで毎日とても幸せです」





※ 注意 

テレビ局の著作権の問題でユーチューブ上から削除される

    
可能性がある動画なので、ぜひ早めに見ておいてください。

    
実は、いったん削除されたようですが

    
奇跡的に一時復活したみたいで、今なら閲覧可能だと思います。


       ↓  ↓  ↓  ↓



 (動画の中で、世界的IT起業と出てくるのはマイクロソフト社です)







感動ストーリー 父と子の絆 子供達の笑顔  
スペーサー
(必須)
(必須)
サブコンテンツ