「発信」をあなたの収入に結びつける、最も手っ取り早い方法。 

どうもどうも。



アジアの宿無し。こと、
齋藤純司です。


 

 

 

 



先月から始めた、

「じぶんセミナー開催
   二人三脚サポート」


のクライアントさんから
こんな感想をいただきました!









#################



【先生にはSがオススメ】

日曜日にセミナーを開催
しました(o^^o)



リラックスして楽しく
出来て、満足!



もちろん改善点はあり
ますが、



今伝えたい事を
ひとつの形に出来たと
思っています(^_^)v



8期のじゅんじゅんこと
齋藤純司さんに対面や
Skypeでコンサル
していただきながら



約1ヶ月間セミナー作りに
チャレンジしました(o^^o)



もちろん作業が順調に
進んだはずはなく、



予測を遥かに
下回る進みの遅さで
σ(^_^;)



先生のじゅんじゅんを
がっかりさせたり、
ハラハラさせたり、、
(((o(*゚▽゚*)o)))



なにを伝えたいのか
伝えたい事をどう凝縮
させるのか?



またそこから何を抽出
させるのか?
はぁ~、難しいのね(。-_-。)



でも、「〇〇ちゃん
ワールド全開でイイよ」
と言ってくれて



面白がってくれて
信じて待ってくれて



「コレは〇〇ちゃんの
ためにならない」と
厳しい激励もあって、



とっても心強かった



しみじみ良い先生だなーっ
と信頼して進めたんです



セミナーはライブですから
毎回毎回変わっていくで
しょうし、



変わらきゃ行けないのかも
知れないですが



ベースをいちから創る
楽しさを味わいました!



齋藤先生、危なっかしい
生徒をよくぞ導いて
くださいました



ブラボーです!*\(^o^)/*
感謝です!m(_ _)m






#################














■ぼくは、

みんながセミナー開催
すればいいと思ってます。










いや、

「セミナー」っていうから、
やりづらいのかも。








だったら、


カフェで「シェア会」
でいいじゃないですか。










昼下がりに、

ママさん達が集まって
情報交換と言う名の
おしゃべりする感覚。













■考えてみてください。



お料理教室とか、

編み物教室とか、

空手教室とか、

書道教室とか、

ダンス教室とか・・










そこらじゅうに
いっぱいありますよね。












これって、


自分が好きで得意なことを
人に教えているわけです。












言い換えれば、



〇〇教室という形の




「自己表現」もしくは、

「発信」。














「教えられることがない」
というのは勘違いで、





目には見えないけど
あなたの持っている、


・考え

・情報


などを何らかの形で



「表現」あるいは
「発信」して、

誰かと分かち合えば
同じことです。
















■セミナーの開催を決めると




その準備期間中、


例外なく自分と向き合う
ことになります。







・何を伝えよう?

・こんなの聞いてくれる
 人がいるのかな?

・この内容で喜んでもらえるかな?

・こんな幼稚な表現でいいのかな?

・そもそも、他人に伝えられるような
 ことって自分にはあったっけ?

・これも、あれも伝えたい

・盛りだくさん過ぎて
 メッセージが膨大になってきた

・ホントに伝えたい内容
 だけに絞らなきゃ

・内容を絞ったら、最初伝えたい
 と思ったメッセージと違ってきた

・あれ?
 そもそも何を伝えたいんだっけ?





この繰り返し。











でも、

これを乗り越えた先にある
達成感と成長と



「ゼロから収入を生み出せた」
という自信は

【一生モノ】です。





何と言っても、


「時給数千円」
「時給数万円」


の世界に突入するわけです。









ここを体験するかしないかでは、

「働く」ことに対する
スタンスが全く異なるはず。







「労働」では、
いくらがんばっても

他人に時給を
決められてしまう世界。





反対に、

「セミナー」は自分で価格を
設定できちゃいます。











この、

・生み出した!

・自分で決められた!



という感覚が、

今後の人生の主導権を握る
カギになると思ってます。

















ぼくと一緒に「じぶんセミナー」、
つくってみませんか?

 

スペーサー
(必須)
(必須)
サブコンテンツ