「早起き上手」で「夏美人」になるちょっとしたコツ。

どうも。 最近、なぜか 「早起きを習慣化したいんだけど・・」って 相談されることが多いです。 確かに、 明るくなるの早いし その分、一日を長く楽しみたいですよね。 ということで、 今日は、 早起きを習慣化させるための いくつかのコツを。 題して「早起き上手は夏美人」。    ◎初動エネルギーを利用する      ・「起きるエネルギー」をなるべく低く。      例えば 朝、日光で自然に  部屋が明るくなる工夫をする。        枕元に水が入ったボトルを置いておく。      起きたら、まず一杯。         ・「眠り続けるエネルギー」をなるべく大きく。      目覚ましは、部屋の反対の  隅っこに置いておく。        わざわざ起き上がって止めに    行かなければならない状態を作り出す。     ◎「誰かのために」という要素を加える      例えば、好きな人にお弁当を作ってあげる。      誰かにモーニングコールをするために、とか。 ◎チェックシートを作る   早起きを意識できただけで◯。       実際にできたら◎。          できなくても×はつけない。          トイレの壁とか、     いつも見えるところに貼っておく。 ◎いきなり「早起き」して 「ランニング」に持っていかない。      ・2つの新しい習慣を   定着させるのは超ハードなので、       分解して考える。       まず、早起きを定着させる。          ・それから、ランニングを考える。       ランニングは「~した後スグ、ランニング」                   「~する前に、ランニング」                 「~しながら、ランニング」   で定着させる。       既定着習慣と組み合わせてランニングする。          既定着習慣は整理現象だとなおよい。          トイレの前後とか、食事の前後とか、   歯磨きとか、お風呂とか、洗顔の前後とか。 ◎やっぱり、睡眠時間のバランスは大事   寝る前のあれも、これも、を整理して、       シンプルな時間の使い方をしてみる。 とりあえず、 こんなとこでどうでしょうか? んー 「夏は夜遊び頑張りたいんだけどな」 って人のための 「夜遊び上手は夏美人」バージョンは 気が向いたら、配信します。 ではでは。 よい一日を。
スペーサー
(必須)
(必須)
サブコンテンツ