「ジャイアンのリサイタル」をやめさせる。自立した生き方のために、まずぼくらがすべきこと。

どうも。 突然ですが ジャイアンがリサイタルやってたら、 どうしますか? 黙って見てますか? 自分だけ立ち去りますか? 聞き苦しいからやめろよ!  って言っちゃう? ■ぼくは、齋藤という人間に 興味をもってくれて付いてきてくれる人達の 役に立つことをして喜んでもらって 対価を受け取る、 そういった自立した生き方を目指しているんです。 家畜ロバ → 野生ロバへの変身というか フォロワー → リーダーへの変身というか。 そのために 一番始めにやるべきことがあると思っていて それは、 「自分の価値観を世の中に打ち出して行く」 っていう作業なんです。 ・こういうのいいんじゃない? ・こいいう生き方っていいんじゃない? ・こんなライフスタイルどう? ・こんな考え方ってどう? ・これはよくないよね。 などなど。 誰かの言ったことに対して 「いいね」って言ってるだけじゃだめで、 自分軸とか、志というものをハッキリ 意思表示する必要があると思うんです。 その意思表示がユニークで しかもみんなの好みに合っていれば 人が集まってきてくれるんですね。 ■例えば、本田健さん。 彼自身、ビジネスで大活躍されてますが 何百万部ものベストセラー作家でもあるんです。 今までの成功哲学って 「経済的に成功したかったら家族や、  時間を犠牲にして仕事をがんばるんだ!」 みたいなのが多かったわけです。 だけど、彼が 「幸せな小金持ち」とか 「時間も、家族も、幸せも  全部手に入れる経済自由人」 みたいな感じで それまでなかった新しい価値観を打ち出しました。 それが大ヒットしたんです。 みんなが心の中で思ってたけど 誰も言えなかったこと。 サイレントマジョリティーというか。 かゆい所に手が届いたというか。 孫の手みたいな。 あ、そこそこ。 それちょうどいい、みたいな。 ■ジャイアンのリサイタルも同じで みんな、心の中では やめさせて欲しいと願っているんです。 静かになったら、どれだけ快適か。 でも怖くて言えない。 だから、 自分が代表して勇気を持って 「やめろよ!」って言うわけです。 そしたら説得力もあるし ヒーローにもなれるんですね。 ぼくは今必死に 「ジャイアンのリサイタル」 を探しているわけなんです。 ■ぼくらには、資本も力もありません。 だけど、 新しい価値観をつくることはできます。 何百人か、何千人かの頭の中の 価値観のシェアを奪うだけでいいんです。 その考えが受け入れられて みんながいいなって思ってくれて シェアしたくなるようなものだったら、 勝手にそれが一人歩きしていくことだって あり得るんです。 それが 「自分ブランド」 っていうものではないでしょうか? 世界を見渡して みんなの欲求を満たすとか、 物事の偏りとかを見つけ出していく。 みんなの好みを理解した上で、 みんなの選択肢にない、 ちょっと上質な選択肢を用意してあげる。 だけど、 そんなのフツーにしてたって なかなか見つかるものじゃない。 だから、 いろんなことをやってみる。 未経験に挑戦してみる。 知識を身につけてフィルターを厚くする。 いろんな物語を消費してみる。 そして今度は、 自分が物語を生み出してみる。 自分ルールの物語で、 みんなに新しい世界を見せていく。 他人を内包した自己中、というか。 「あっちの世界へいこうぜ」って。 これから生き残っていく、 あるいは自立していくためには そんな孫の手的な生き方を していくべきだと思うんです。 あ、 こっちの方でしか配信してない情報もあります。 よかったら登録してみてくださいね。 コチラをクリック→齋藤純司公式シェアメール

スペーサー
(必須)
(必須)
サブコンテンツ